http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322370018/ 
 
1 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:00:18.27 ID:T9EMpgE70 
  ストパン世界に俺を入れてイチャイチャしようずwwwwwwwwっていうスレ  
                               /:/   . :{. : : : : .    ト、   :ヽ      : : : ',  |  
                           /イ /  : ∧: { : : i    |:|ヽ  : .', ',     : : }   |  
                           / |イ   . :/ ', ハ: : i  . :リ:|  '. : : }: '.   : :リ  |  
                               | l . : i :|_,. r:|''ト、 '.  : 厂「~"} : /‐- l |   : ;ハ   ,    妄想を垂れ流すのもよし  
                                |  : : l' | __j厶L \ :ノ ノ‐ァl≠=..__ lリ : :/_  ト、'.   初SSに挑戦してみるのもよし  
                           八 : : l :|ヘ( んメ` ヽ{    トr'ハ jノ/. : :/ |^i  | \   そこのお前も書いてみたらどうだ?  
                             /  ヽ: : |小. ` 込リ       こツ  /. : イ: |丿 |  
                       く \  _,  -─‐\| | ハ     ,       / イ: :i: : |: .  |     運命線♪ ギュッと重ねたら♪  
                     /゙\ノ'"..::::::::::::::::::::::::::::::::::}     `           ノ : : : .|: : !  
                    ///..::::::::::::::::::ノハヘ ::::::::::::::ト、    ー. ‐'′   イレ : : : リ: :  ,  
                 /.:://..:::::::::::::::::/   l:|、 ::::::::::::::::.`::..._    _,  ´ /: :ノ..:イ : : { '.  
                  /.:/..:::::::::/.::/    l:| '.:::::::::::::::::. ̄/`lー1   _..ニ=彡イ } |: :l  |、 ヽ  
               /..:::::::::/.::/        !l  '. :::::::::::::::.V〉、l:::::| ̄ /   V: |: :|: . | ヽ :、  
            __, イ/..:::::::/::/ ̄`ヽ     l|   ':::::::::::::::: |::::| l:::::| /    〃/≧ L_│ \',  
              `フ´/.:::::::::::/:イ ,_ ヽ     '´ ̄~ ''l‐::::|:::::: |::::| |:::::|'     〃  `''≪<>-、 \  
             /.::/.::::://ソハ '"~`ヾ、    ´   Vl:::|:::::: |::::| |:::::|     〃         }  
  .          /.::::{::/ 〃 /j}          =≠ミx }:::|:::::: ト、|.卜::|\-‐=彡          リ  
           /.::::::/.::/   /.::リ    `             |::::::リ L」::::::、 \    / /       /  
          ノ.::::::/.::/    l.:::人   {/ ̄¨’}       / |::::/⌒`ヽ、::::.`丶、 /      /∧  
        /.:::::;: ゙.::/ ,r─-l:/  \  '.   丿    /==|:/====≧x::::::::..\       / /| ヽ  
       /..::::/.:::::/ / / /~>rー-\ ー '  _,  /    │  「`メ〇  \:::::::..\      /:│  \  
  .   /..::::/ /.::/ / /   /    厂ノ` フ⌒ヒ厶==ミ    V //\ ∧::::::::. ヽ   / : |    \  
  . /..:::/  /.::/ /  {   /    /   /  /    /`ヽ、  `¨⌒´ / }::::::::::::..}  /: : :丿  
  まとめwiki:ttp://www16.atwiki.jp/vip_witches/pages/1.html  
  避難所全般:ttp://jbbs.livedoor.jp/otaku/14336/  
 
  
2 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:01:19.53 ID:T9EMpgE70 
  前スレ  
  俺「ストライクウィッチーズっていうスレ」  
  ttp://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322139233/  
   
  避難所  
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14336/1320294013/  
   
  まとめwiki運用スレ  
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14336/1316961776/l50  
   
  避難所運営スレ  
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14336/1314193112/  
   
  俺強さ議論スレ  
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14336/1299158886/  
   
  雑談スレ  
  ttp://jbbs.livedoor.jp/bbs/read.cgi/otaku/14336/1322150163/  
   
 
3 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:02:15.01 ID:AE6h+tac0 
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
  .           | : | i|     |   |  |   } ハ. ノ i :|:!  
  ─wwv√レ-| : j :__.{ |ヘ、   iハ   」  L.__」|! :.  |: | :|─√レww─  
         ̄i ̄!: :  |八 二二`   ` 二二.」リ : :.  | :| :|  
          |:     |  i{ 弋ソ`     ′弋ソ  : :  }   !   ……この感じ……  
          |:     |  ハ、  )‐ヘ.    ノ /    /  ,′ :.!  
          |:     |  八   '      / /    ,′  |  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
    | |/ノ二__‐──ァ   ヽニニ二二二ヾ } ,'⌒ヽ  
  /⌒!|  =彳o。ト ̄ヽ     '´ !o_シ`ヾ | i/ ヽ !─wwv─√レ─ww─  
  ! ハ!|  ー─ '  i  !    `'   '' "   ||ヽ l |  
  | | /ヽ!        |            |ヽ i !  
  ヽ {  |           !           |ノ  /   まさか……  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━    
               ,': : : : :/: : : : : : : : : : : : : : : : : : ハ  
                l: : : : :l: : : : : : :.i: :l : : : i: : : : : : : l  
                |: ノ:/: l : : :./リハj l: : : リ/: : :i: : : :l   ホモスレっ!?  
                レ':/: : ハ: :/´ ̄ `l: : // ̄ `j: : : l!  
  _____∧,、_}/l: : : : V ィf'圷  ヽ '' 仡バ l: :.l\_ ______  
   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄'`'` ̄´ l: : : : | 弋rン     弋ン '/: : l  ゙ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  
                l : : : l         、   ハ: :/  
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  
 
4 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:02:53.51 ID:LV5Vwb470 
  >>1乙  
 
5 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:03:44.77 ID:m0Lq9/3U0 
  >>1 乙  
 
6 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:03:51.79 ID:Ojg7kgcm0 
  >>1  
  1乙  
 
7 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 14:04:47.03 ID:VzPkImRx0 
  >>1乙乙            ,.. ┴- '、             、′     、 ’、  ′     ’      ;  、  
             r'´   ::::`i               . ’      ’、   ′ ’   . ・  
               |___ ::::|               、′・. ’   ;   ’、 ’、′‘ .・”  
             !゙'ノ、''` | ::|                   ’、′・  ’、.・”;  ”  ’、  
        _ril    l ̄ ̄ ̄ , !           .  ’、′  ’、  (;;ノ;; (′‘ ・. ’、′”;  
        l_!!! ,、 ,..-ヽ  ,,.. ' ノ`丶--'ー--、 -―--、 ’、′・  ( (´;^`⌒)∴⌒`.・   ” ;  ’、′・  
        | ! !_!|i::::::::: ゙^^ー''´:::::::::::::::::::|:::::::::::::::::::::,..、::`ヽ . 、 ’、 ’・ 、´⌒,;y'⌒((´;;;;;ノ、"'人      ヽ  
          ! ', ,|!::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::ヽ/---‐'´`\::::\  、(⌒ ;;;:;´'从 ;'   ;:;;) ;⌒ ;; :) )、   ヽ  
        !、_,イ:::ヽ:::::::::::::::::::::::::B:::::::/::|        \:::ヽ、_( ´;`ヾ,;⌒)´ >>3从⌒ ;) `⌒ )⌒:`.・ ヽ    ,[]  
        ',::::::',::::::|ヽ::::::::::::::::::::::::::::/:::::::l         ヽ'◎ ヽ:::::. :::  ´⌒(,ゞ、⌒) ;;:::)::ノ    ヽ/´  
         ',:::::::',::::! ヽ:::::::::::::::::::::::::::::::::,!          ヽ __ '、ノ  ...;:;_)  ...::ノ  ソ ...::ノ  
         ',:::::::::::|   ',::::::::::::::::::::::::::::/|          ヽゞー'  
          ヽ_ ノ   ヽ::::::::::::::::::::::::::::::!  
 
8 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:07:50.51 ID:m0Lq9/3U0 
  少し投下します  
  俺「ストライクウィッチーズ?っていうスレ」の>>987からの続きです  
  では、いきます  
 
9 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:08:28.16 ID:LV5Vwb470 
  支援  
 
10 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:09:31.18 ID:T9EMpgE70 
  おう、待ってたよ  
   
  支援  
 
11 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:10:31.68 ID:m0Lq9/3U0 
  ― 数日後 ―  
   
  俺「なぁ、バルクホルン」  
   
  バルクホルン「ところでハルトマン、部屋は片付けたのか?」  
   
  エーリカ「片付けてなーい。 そんなことより、俺が話しかけてるよ?」  
   
  俺「バ・ル・ク・ホ・ル・ン?」  
   
  バルクホルン「よし、ならば今すぐにでもハルトマンの部屋を掃除しなければ!行くぞ!」  
   
  エーリカ「ちょ、ちょっと手引っ張らないでよ~ それに俺が話しかけてるよ!?」  
   
  バルクホルン「さぁ行くぞっ!!」タタタッ  
   
  俺「…………無視されちまった…まだこの前のことで怒ってるのかな? それとも、違う原因が……」  
   
  シャーリー「そりゃぁ、俺が原因だろ」  
   
  俺「おっ、シャーリーか。 なんで俺が原因?」  
   
  シャーリー「考えてみれば、すぐに分かると思うんだけどなー」  
   
  俺「んー わかんねぇ…」  
   
  シャーリー「はぁ… ところで、この前調べろって言った事は調べたのか?」  
   
  俺「ん?ああ、調べたよ」  
   
 
12 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:15:32.53 ID:m0Lq9/3U0 
  ― 数日後 ―  
   
  俺「なぁ、バルクホルン」  
   
  バルクホルン「ところでハルトマン、部屋は片付けたのか?」  
   
  エーリカ「片付けてなーい。 そんなことより、俺が話しかけてるよ?」  
   
  俺「バ・ル・ク・ホ・ル・ン?」  
   
  バルクホルン「よし、ならば今すぐにでもハルトマンの部屋を掃除しなければ!行くぞ!」  
   
  エーリカ「ちょ、ちょっと手引っ張らないでよ~ それに俺が話しかけてるよ!?」  
   
  バルクホルン「さぁ行くぞっ!!」タタタッ  
   
  俺「…………無視されちまった…まだこの前のことで怒ってるのかな? それとも、違う原因が……」  
   
  シャーリー「そりゃぁ、俺が原因だろ」  
   
  俺「おっ、シャーリーか。 なんで俺が原因?」  
   
  シャーリー「考えてみれば、すぐに分かると思うんだけどなー」  
   
  俺「んー わかんねぇ…」  
   
  シャーリー「はぁ… ところで、この前調べろって言った事は調べたのか?」  
   
  俺「ん?ああ、調べたよ」  
   
 
13 名前:バルクホルン 短編 しまった、ゴメン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:16:23.52 ID:m0Lq9/3U0 
  シャーリー「で、どうだった?」  
   
  俺「えっと…確か…コイ科の淡水魚で、2対のひげがある魚だよな?」  
   
  シャーリー「…………は?」  
   
  俺「えっ、そうじゃないの?」  
   
  シャーリー「まったく…私が言ったのは『鯉』じゃなくて『恋』だよ!!」  
   
  俺「こい…? 故意にやってしまったとかの『故意』か?」  
   
  シャーリー「………だめだこりゃ…」  
  ---------------  
  --------  
  ---  
   
  俺「あっ!いたいた! お~い、バルクホルン!」  
   
  バルクホルン「さてハルトマン、次は訓練をしに行くぞ」  
   
  エーリカ「えぇー!?」  
   
  バルクホルン「やる気をださんか!」  
   
  俺「お~い? 聞こえてるかー?」  
   
  エーリカ「…ねぇ…俺が『さあ!訓練を始めるぞーっ!!』タタタッ  
   
  俺「………いっちゃった……なんで無視されるんだろ…」  
 
14 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:17:19.99 ID:LV5Vwb470 
  支援支援  
 
15 名前:バルクホルン 短編 しまった、ゴメン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:20:59.92 ID:m0Lq9/3U0 
  エーリカ「う゛う゛ー やっと終わった~」  
   
  バルクホルン「さて、次はストライカーの整備だな」  
   
  エーリカ「えぇーっ!? まだやるの!?」  
   
  バルクホルン「当たり前だ!!」  
   
  俺「あのぉ…バルクホ『さっさと行くぞ!ハルトマン!!』タタタッ  
   
  俺「……ったく…どうして無視するんだよ…」  
   
  -------------------------------------------------  
   
  バルクホルン「ふぅ…訓練も終わり、ストライカーの整備も終わった。 やっと一休みできるな」  
   
  俺「なぁ、バルクホルン。 いい加減話を聞いてくれよー」  
   
  バルクホルン「…………」  
   
  俺「お~い? もしもーし?」  
   
  バルクホルン「…………」  
   
  俺「もしもーし?バルクホ『いい加減にしろっ!! もう私に構わないでくれっ!!』  
   
  バルクホルン「………」はぁはぁ  
   
  俺「…………」  
   
 
16 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:24:14.30 ID:BtlK5PNI0 
  支援DA!  
 
17 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:25:23.40 ID:m0Lq9/3U0 
  バルクホルン「…もう…私に…構うな…」  
   
  俺「…………………わかったよ……ごめん、バルクホルン……」スタタタタッ  
   
  バルクホルン「…お、俺……ふ、ふん!あんなヤツ、私には関係ない! 関係…ない……ない……」  
   
  ― 次の日 ―  
   
  坂本「こらぁっ!バルクホルン!! どこ見て飛んでいるんだ!! しっかりとハルトマンを見ていろっ!!」  
   
  バルクホルン「あ、ああ…すまない……少佐…ハルトマン…」  
   
  エーリカ「ねぇトゥルーデ、何かあったの? 今日の朝から…ううん、昨日の夜から様子がおかしいよ?」  
   
  バルクホルン「別に…なんともない…」  
   
  エーリカ「本当に?」  
   
  バルクホルン「ああ……」  
   
  ----------------------------------------------  
   
  俺「………」ポケー  
   
  「わわっ、俺隊長! そこはネジ留めしちゃ駄目ですよ!!」  
   
  俺「ん? ああ…悪い、悪い……」  
   
  「悪い、悪いって……そんな軽く流しちゃ駄目ですよ…」  
   
 
18 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:30:25.39 ID:m0Lq9/3U0 
  俺「悪い、悪い……」  
   
  「……どうしたんですか隊長? 様子がおかしいですよ?」  
   
  俺「……いや、別に…」  
   
  俺(なんだろう…この気持ち……なんだか心が晴れない…不思議な気持ちだ…)  
   
  -----------------------------------------------------------------  
   
  宮藤「みなさーん、今日は天ぷらにしてみました!」  
   
  エイラ「おっ、珍しいモノが出てきたゾ」  
   
  サーニャ「おいしそう、いただきます」  
   
  バルクホルン「………」ポケー  
   
  ミーナ「…トゥルーデ…? どうしたの? ボーッとしちゃって」  
   
  バルクホルン「…………」  
   
  ミーナ「…トゥルーデ?」  
   
  バルクホルン「あ、ああ……何でもないんだ、ミーナ」  
   
  ミーナ「そう?」  
   
  バルクホルン「ああ……」  
 
19 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:31:17.42 ID:T9EMpgE70 
  もやもやするのぅ  
   
  だがそこがいい支援  
 
20 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:35:32.94 ID:m0Lq9/3U0 
  坂本「本当に大丈夫なのか? 今日の訓練でも、心ここにあらずって感じだったぞ?」  
   
  エーリカ「うん、確かに。 ねぇトゥルーデ、本当にどうしたの?」  
   
  バルクホルン「………本当になんでもないんだ。 悪いが、もう寝させてもらう」  
   
  リーネ「えっ!? 寝るって…」  
   
  ペリーヌ「まだ、夕食を食べたばかりですのよ?」  
   
  ルッキーニ「ねぇねぇ、大丈夫?」  
   
  バルクホルン「ああ……おやすみ…」  
   
  シャーリー「んー 本当に大丈夫かな?」  
   
  ― 次の日 格納庫にて ―  
   
  バルクホルン「さてと、今日もストライカーの整備でもするか。 俺は…ふ、ふん!どうして私は俺の事を気にしているんだ!!俺が居ようが居ないが、私には関係ないことだっ!!」  
   
  エーリカ「ん? 俺がどうしたの?」  
   
  バルクホルン「なんでもないっ!!」  
   
  エーリカ(…もしかして…)  
 
21 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:39:32.43 ID:LV5Vwb470 
  SHIEN  
 
22 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:40:40.75 ID:m0Lq9/3U0 
  エーリカ「ねぇトゥルーデ、もしかして俺と喧嘩した?」  
   
  バルクホルン「!! そ、そんなことは無い!!」  
   
  エーリカ(喧嘩したんだね)  
   
       「ねぇ、本当に喧嘩はしてないの?」  
   
  バルクホルン「ああ! どうしてそんなことを!」  
   
  エーリカ「いや、別に。 まぁこれは私の独り言だけど、今日俺は風邪引いて宿舎で寝込んでるみたいらしいよ」  
   
  バルクホルン「ど、どうして、そんな事を私に…」  
   
  エーリカ「だーかーら、これは独り言だって言ったじゃん。 それに40度台の高熱みたい、ちなみに独り言」  
   
  バルクホルン「……………」  
   
  エーリカ「今日はストライカーの一斉整備もあるみたいで、俺の事を看病する人が居ないみたい」  
   
  バルクホルン「……………」  
   
  エーリカ「多分、俺は今も高熱で苦しんでると思うよ」  
   
  バルクホルン「…………」  
   
 
23 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:45:15.12 ID:m0Lq9/3U0 
  エーリカ「こういうときに看病する人が居たら良かったのに~」  
   
  バルクホルン「……………ハルトマン、ちょっと用事を思い出したので行ってくる」  
   
  エーリカ「にしし♪ わかったよ、トゥルーデ」ニヤニヤ  
   
  バルクホルン「ち、ちなみにハルトマン、風邪薬は医務室で貰えるのか?」  
   
  エーリカ「貰えるよ。 でも、なんで風邪薬なんかを貰うの? トゥルーデ風邪引いて無いじゃん?」ニヤニヤ  
   
  バルクホルン「そ、そそそそそれはだな!///// 常日頃、薬を常備して置くのはカールスラント軍人として当たり前のことで…/////」  
   
  エーリカ「はいはい、分かった、分かった。 俺の看病がんばってね~」ニヤニヤ  
   
  バルクホルン「なっ!?//// だ、誰が俺の看病などをするんだっ!/// 私は、俺の看病をしに風邪薬を貰いに行くのではないっ!////」  
   
  エーリカ(トゥルーデ、自分で答え言ってるのに気づいていないみたい)  
   
  エーリカ「はいはい、風邪薬貰い、がんばってね~」ニヤニヤ  
   
  バルクホルン「まったく…!////」スタタタタ  
   
  -----------  
  ------  
  ---  
 
24 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:50:09.88 ID:m0Lq9/3U0 
  ― 整備兵 宿舎 ―  
   
  俺「うぅ…ダリぃ……頭痛い……」  
   
  コンコン  
   
  俺「ん? 誰だ?」  
   
  バルクホルン「わ、私だ…」  
   
  俺「バルクホルン!!? どうしてここに…げほっ!げほっ!」  
   
  バルクホルン「起きなくていい! そのまま寝ていてくれ!」  
   
  俺「あ、ああ…げほっ!げほっ!!」  
   
  バルクホルン「…………体調はどうだ?」  
   
  俺「見ての通り、かなり悪い。 げほっ!」  
   
  バルクホルン「そうか… な、なにか私に出来る事はあるか?」  
   
  俺「大丈夫だよ…何もしなくて……うぅ…」  
   
  バルクホルン「本当に大丈夫なのか?」  
   
  俺「ああ……それより、怒っていないのか? ちょっと前から、俺の事を無視してたじゃないか…」  
   
  バルクホルン「それとこれとは別だ。 今は、緊急事態だからな」  
 
25 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 14:54:14.21 ID:VzPkImRx0 
  甘い甘い支援  
 
26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:54:16.01 ID:T9EMpgE70 
  支援支援  
 
27 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:55:41.18 ID:m0Lq9/3U0 
  俺「そうか……よかった…てっきりバルクホルンに嫌われたのかと…」  
   
  バルクホルン「わ、私が俺のことを嫌いになるはずが無いだろっ!! むしろ、俺の事は好……////」  
   
  俺「俺の事がなんだって?」  
   
  バルクホルン「あ、いや…なんでもない……///」  
   
  俺「そうか。 それじゃぁ、悪いけど俺は寝させてもらうよ」  
   
  バルクホルン「あ、ああ…」  
   
  俺「おやすみ。 あ、そうだ!悪いけど、俺の部屋を掃除してくれないか?」  
   
  バルクホルン「ふん、言われなくてもやるつもりだ。 こんな汚い部屋で、よく生活できるな」  
   
  俺「ならよかった…お願いするよ」  
   
  バルクホルン「了解した」  
   
  俺「…それと、くれぐれも、そこの棚は開けないでくれ」  
   
  バルクホルン「? ああ、わかった」  
   
  俺「それじゃぁ…今度こそおやすみ……すぅ…」  
   
  バルクホルン「寝たか…それじゃぁ、掃除を始めるか。 まったく…」  
   
  -------------------------------------  
 
28 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:57:29.35 ID:m0Lq9/3U0 
  バルクホルン「ふぅ…ある程度、片付いたな。 あ、まだそこの棚を掃除してないな。でも…確か俺には掃除をしないでくれと言われたような…」  
   
        「だが、そこだけ掃除をしないというのは私の気が済まないな……内緒で掃除しとくか…」  
   
  ガラッ  
   
  バルクホルン「さてと、この本をどかして……なっ!!!//////」  
   
  ≪カールスラント軍ウィッチ、ゲルハートちゃん19歳 はぅぅ…エッチな事恥ずかしいよぅ…≫アハーン  
   
  バルクホルン「こ、こここここれは…エ、エエエッチな本…!//////」  
   
           「お、俺もこんな物を読むのか…//// それにしても…これ…私に似ているような…い、いや!偶然に決まってる…!!」  
   
           「こんな物は即刻、捨てなければ…! で、でも……ちょっとだけ…検閲を…/////」  
   
  ≪ゲルハート!もう…もう俺、我慢できないんだ!≫  
   
  ≪だ、だめっ…私、ウィッチなのに…それに…私たちは幼馴染なのに…≫  
   
  ≪そんな事関係ない! 俺は…俺はゲルハートが好きなんだ!!≫  
   
  ≪そ、そんなぁ…でも…んん!んぁっ!! そんなとこ触らないでぇっ!!≫  
   
  ≪ゲルハートって…胸大きいんだな…≫  
   
  ≪恥ずかしいから言わないでよぅ…≫  
   
  バルクホルン「……………/////」カァーッ  
 
29 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:58:22.43 ID:m0Lq9/3U0 
  ≪だめっ…そんな大きいお××××、入らないよぅ…≫  
   
  バルクホルン「…………////」ドキドキドキ  
   
        「い、いったい…次はどうなるんだ……////」ドキドキ  
   
  俺「おい、何してる…」  
   
  バルクホルン「ひゃっ!?!? 」  
   
  俺「そこの棚…開けるなって言ったよな?」  
   
  バルクホルン「こ、これは……」  
   
  俺「……この本の中身…見たのか?」  
   
  バルクホルン「うっ…」  
   
  俺「―――仕方が無い。今まで封印してきた記憶消去術でも使うか…」  
   
  バルクホルン「き、記憶消去術だと!?」  
   
  俺「ああ。 ちょっとキツイと思うが…悪く思うなよ」  
 
30 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:58:52.96 ID:m0Lq9/3U0 
  バルクホルン「ま、まま待て!エッチな本を勝手に見てしまったのは謝る!!だから!」  
   
  俺「ごめんな!バルクホルン!」  
   
  バルクホルン「――っ!」  
   
  コンコン  
   
  俺・バルクホルン「「!!?」」  
   
  『俺隊長~ 中に入りますよ~』  
   
  俺「ちょ、ちょちょちょっと待て!!(今、俺の部屋にバルクホルンが居るとバレたら、マズイ!!整備兵宿舎にはウィッチは入れないことになってるんだ!)」  
   
  『? まぁまぁ、そんな事言わずに。それじゃぁ、失礼しま~す』  
   
  俺「や、ヤバイ!バルクホルン!こっちに来いっ!!」グイッ  
   
  バルクホルン「なっ!?ちょ、ちょっと待てっ!!?」  
   
  ガチャッ  
   
  整備士「俺隊長、具合はどうですかーって…隊長、太りました?」  
   
  俺「き、気のせい!気のせい!! ごほっ、ごほっ」  
   
  整備士「そうですか?なんか、布団の中にもう一人居るような…」  
   
  俺「ぜーったいに 気 の せ い だ !!」  
 
31 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:58:59.41 ID:IcVA5ZKB0 
  お宝の安置所だな?  
  ならば中を改めねば支援  
 
32 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:59:32.95 ID:m0Lq9/3U0 
  整備士「は、はい…。了解です」  
   
  バルクホルン≪おい俺! こ、ここ…これはどういう事だっ!///≫  
   
  俺≪仕方が無いだろ! 俺の布団の中に隠す以外、手が無かったんだよ!!≫  
   
  バルクホルン(…俺の身体…熱のせいか、熱い…。 それに…汗のにおいもする…////)  
   
  俺「それより、何しに来たんだ?」  
   
  整備士「ああ、てっきり忘れてました。 俺隊長の毛布を洗濯するんで、交換しに来ました」  
   
  俺「なにぃ!?」  
   
  整備士「それじゃぁ、毛布持っていきますね~」  
   
  俺「待て!待て!まてぇぇぇぇぇっ!!」  
   
  整備士「ダメですよ隊長、風邪引いてるのにそんなに暴れちゃ。 じゃぁ、持っていきます~」  
   
  俺(ヤバイ!!本格的にヤバイ!! どうすれば…! 仕方が無い!一か八かだっ!!)  
   
  バルクホルン≪な、なにをす…わわっ!?///≫  
   
 
33 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 14:59:51.57 ID:LV5Vwb470 
  ほほぅ支援支援  
 
34 名前:バルクホルン 短編 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:00:17.15 ID:m0Lq9/3U0 
  俺は咄嗟にバルクホルンの身体を抱き寄せ、抱きかかえながら、うつ伏せになった  
   
  バサッ  
   
  整備士「協力感謝しまーす。 ん? 隊長、なんで、うつ伏せになってるんですか?それと…誰か俺隊長の下敷きになってません?」  
   
  俺「あ、あはははは…気のせいだよ!」  
   
  バルクホルン≪んーっ!!んーっ!!////≫  
   
  整備士「そうですか~ それじゃぁ失礼しました~」  
   
  バタン  
   
  俺「ふぅ!なんとか、済んだな」  
   
  バルクホルン「ぷはっ! い、いい一体どういうつもりだっ!?/// い、いいいきなり、抱きついて…!////」  
   
  俺「仕方が無いだろ。バレないようにするためには、ああするしか無かったんだ。それよりさ、いつまでも抱きついているのもなんだし、離れようぜ?」  
   
  バルクホルン「………」ダキッ  
   
  俺「バ…バルクホルン…?」  
   
  バルクホルン「もう少し…このままでも…いいんじゃないか…?」  
   
  俺「別に…いいけど…」  
   
 
35 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:02:26.66 ID:IcVA5ZKB0 
  っつーかペース早くね?  
  さるがくるぞ  
 
36 名前:バルクホルン 短編 >>35教えてくれて、ありがとう [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:06:13.32 ID:m0Lq9/3U0 
  バルクホルン「………」  
   
  俺「………」  
   
  バルクホルン「………」  
   
  俺「……(気まずい…)」  
   
  バルクホルン「…昔…私たちが小さい頃は…こんな風に、よく一緒に寝てたな…」  
   
  俺「確かにな…。あの頃は楽しかったなぁ~ バルクホルンと妹さんが、よく俺の家に遊びに来てたっけ」  
   
  バルクホルン「ああ…。家族ぐるみの付き合いだったからな」  
   
  俺「そうだったな。 あっ!そうそう!湖へピクニックしに行ったの、覚えているか?」  
   
  バルクホルン「あの、近くの湖へのか?」  
   
  俺「そうそう! あの時、俺がバルクホルンのサンドイッチをつまみ食いしちゃってさ、バルクホルンが泣きながら拗ねて、大変だったっけ」  
   
  バルクホルン「なっ!?////」  
   
  俺「 あの時のバルクホルンの拗ねた顔ときたら……ぷっ!あっはっはっはっはっはっ!」  
   
  バルクホルン「笑うなっ!! そういう俺だって!私の家に来たとき、オネショをした事があったろっ!」  
   
  俺「なっ!? まだ覚えてるのかよ!」  
 
37 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:11:33.14 ID:T9EMpgE70 
  甘いのぅ  
   
  支援  
 
38 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:12:13.39 ID:m0Lq9/3U0 
  バルクホルン「ああ!覚えてるぞ!!他にも…確か、クリスマスパーティーの夜…」  
   
  俺「あーっ!!わかった!!わかったから、それ以上言わないでくれーっ!!」アセアセ  
   
  バルクホルン「…ぷっ!はははははっ!」  
   
  俺「お?どうしたんだ?いきなり笑い始めて。 堅物大尉が笑うなんて、珍しいな」  
   
  バルクホルン「誰が堅物大尉だっ! いや、その…俺が焦っている姿が面白くてな…」  
   
  俺「な、なんだよそれぇ…」  
   
  バルクホルン「まぁ、いいじゃないか。 それにしても…あの頃は本当に楽しかったなぁ…」  
   
  俺「そうだなぁ…」  
   
  バルクホルン「…でも…もう二度とそんな日はやってこない。今は戦時中だ。それと私たちはもう子供という歳でもないし……家族も…クリスだけだ…」  
   
  俺「……俺も…俺の家族も、もう居ない。誰一人居ない……」  
   
  バルクホルン「……俺…」  
   
  俺「でも、俺は一人ぼっちじゃない。 俺には…俺にはバルクホルンがいる」  
   
  バルクホルン「!!」  
   
  俺「俺が一番信用してる人。一番話しかけやすい人…」  
   
  バルクホルン「……」  
 
39 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:16:24.22 ID:m0Lq9/3U0 
  俺「そして…俺が一番…一番…愛している人…それが…バルクホルンなんだ…」  
   
  バルクホルン「!!/////」  
   
  俺「いきなりで驚くかもしれないが…俺は…バルクホルンの事が好きなんだ。友達としてとかじゃないぞ? 一人の女性として、好きだという事だ」  
   
  バルクホルン「あ…あぅ……////」  
   
  俺「この前まで俺とバルクホルン、ちょっと喧嘩してただろ? しばらくバルクホルンと話せなくて、俺はもの凄く寂しかった。もの凄く、だ」  
   
   「その時、気づいたんだ。 俺はバルクホルンがいなかったら、生きていけないって。 たぶん、この気持ちが『好き』ってことだと思うんだが…」  
   
  バルクホルン「な…なな…//// こ、これって…こ、ここっここく…こくは…///」  
   
  俺「ああ、告白だ。告白。 俺は、バルクホルンの事が好きだ!大好きだっ!!」  
   
  バルクホルン「そ、そんなに、はっきり言うなっ!/// 恥ずかしいだろっ!!////」  
   
  俺「なら恥ずかしくならなくなるまで、何度も言ってやる。 俺はゲルトルート・バルクホルンが大好きだ。ゲルトルートが大好きだ!!」  
   
  バルクホルン「く、くぅ…///」  
   
  俺「ゲルトルートよりも、ハルトマン中尉とかが使ってるトゥルーデのほうがいいかな? 俺はトゥルーデの事が大好きだぁぁぁぁぁぁっ!!」  
   
  バルクホルン「ば、バカッ!!/// それ以上言うなっ!!恥ずかしすぎて…!///」  
   
  俺「まぁ、恥ずかしがるのは自由だから、いいけどさ。 俺、まだバルクホルンからの返事を聞いてないぞ?」  
   
  バルクホルン「うっ……////」  
 
40 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 15:19:20.07 ID:VzPkImRx0 
  しえん  
 
41 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:21:17.32 ID:m0Lq9/3U0 
  俺「どうなんだ?」  
   
  バルクホルン「わ、私…」  
   
  バルクホルン「…私も……が……き…///」ボソッ  
   
  俺「ん?」  
   
  バルクホルン「だから!私も…ことが……き…///」ボソッ  
   
  俺「ちょっと聞こえないんだが…」  
   
  バルクホルン「あーっ!/// 背中だ!背中を貸せっ!!///」  
   
  俺「せ、背中?」  
   
  バルクホルン「そうだっ!!」  
   
  ベッドに寝ているバルクホルンに覆いかぶさるようにしていた俺は、バルクホルンに無理やり退かされ、俺はバルクホルンに背を向ける形となった  
   
  俺「こ、これでいいんだろ?」  
   
  バルクホルン「そうだ! その…こ、こここっ…告白の返事は…背中に書く…////」  
   
  俺「ああ、なるほど。そういう事ね」  
   
  バルクホルン「い、いくぞ?」  
   
  俺「おう」  
 
42 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:24:38.09 ID:kzwpauvA0 
  コーヒーが甘ったるくなっちまった…支援  
 
43 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:26:19.23 ID:m0Lq9/3U0 
  『わ』 『た』 『し』 『も』   
   
  俺(私も…だな)  
   
  『お』 『れ』 『の』 『こ』 『と』 『が』  
   
  俺(ふむふむ…)  
   
  バルクホルン「………///」  
   
  俺「ん?早く続きを書いてくれないか?」  
   
  バルクホルン「わ、わかってる!!////」  
   
  『お』 『れ』 『の』 『こ』 『と』 『が』  
   
   
   
         『す』 『き』  
   
   
  バルクホルン「………////」カァーッ  
   
  俺「こ、これって……」  
   
  バルクホルン「そ、そうだっ!!/// どうだ!?驚いたか!? 私も俺の事が好きなんだっ!!////」  
   
  俺「…バ、バルクホルン…」  
 
44 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:30:01.48 ID:T9EMpgE70 
  ニヤニヤ  
   
  支援  
 
45 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:30:47.12 ID:m0Lq9/3U0 
  バルクホルン「ずっと…ずっと前から! 私は俺の事が好きだったんだっ!////」  
   
  俺「……」  
   
  バルクホルン「だから…この前、俺としばらく喋らなかったとき…寂しくて… もう…一生俺と喋る事が出来ないのかもとか考えたりした………」  
   
          「私はもう…俺が傍に居てくれないと……無理なんだ…」  
   
  俺「バルクホルン…って事は…俺はバルクホルンが好き。バルクホルンも俺の事が…」  
   
  バルクホルン「ああ…お互い、告白成功だ…」  
   
  その時バルクホルンの目には、じわりと涙が浮かび始めていた。そして、収まりきらなくなった涙が頬を伝って、落ちていった  
   
  俺「バ、バルクホルン!? 泣いてるのか!?」  
   
  バルクホルン「!! あ、安心したから…… い、いや!!なんでもないぞ!!これは、汗だっ!!この部屋は暑いから!」  
   
  そういうとバルクホルンは、軍服の袖で涙を拭おうとするが、次々と零れ落ちていく涙を拭ききることが出来なかった  
   
  俺「そうだ…あの時みたいに…」  
   
  バルクホルン「……あ、あの時…?」  
   
  俺「ああ。…子供の頃ピクニックに行った時のことで、サンドイッチをつまみ食いされて泣いたバルクホルンとした仲直りの方法だ」  
   
  バルクホルン「…そ、それって…」  
   
 
46 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:34:39.56 ID:l+o7i3H80 
  この味は……の味だぜフラグ入りました  
 
47 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:36:27.78 ID:u2rUA0Q50 
  支援!  
 
48 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:36:54.00 ID:m0Lq9/3U0 
  俺「大丈夫だ、バルクホルン。こんどはちゃんと了承を得てしますから」  
   
  俺「バルクホルンさん、今から、あなたの唇にキスをしても宜しいでしょうか?これでいいだろ?」  
   
  バルクホルン「う…うぅ……////」  
   
  俺「どうなんだ?」  
   
  バルクホルン「…………////」コクッ  
   
  俺「…そうか…じゃぁ…いくぞ…」  
   
  ガチャン!  
   
  整備士「俺隊長! お粥作ってきまし……」  
   
  俺・バルクホルン「」  
   
  整備士「……し、失礼しましたーっ!!!」アセアセ  
   
  バタン!  
   
  バルクホルン「お、おお…俺ぇぇぇぇぇぇっ!!//// 貴様のせいだぞ!!!」  
   
  俺「なっ!? 今のは俺のせいじゃないだろ!?」  
   
  バルクホルン「いやっ!俺のせいだっ!!////」  
   
  俺「えぇぇぇぇぇぇぇっ!?」  
 
49 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:40:59.45 ID:m0Lq9/3U0 
  ― 数日後 ―  
   
  俺「ええっと…ここの所は…スパナでいいっか」  
   
  バルクホルン「お、おお…俺…///」  
   
  俺「おっ!バルクホルンじゃないか!」  
   
  バルクホルン「…呼び方…言っただろ…?」  
   
  俺「…わ、わかってるって……その…トゥルーデ…」  
   
  バルクホルン「…それでいい…/// それより、お…お弁当を作ってきたんだ…///」  
   
  俺「おや、そいつは嬉しいね! どれどれ…」  
   
  バルクホルン「ほら、あ~ん…///」  
   
  俺「…いやいや、俺一人で食べられ…」  
   
  バルクホルン「あ~ん…///」  
   
  俺「…し、仕方がねぇな…/// あ~ん…」  
   
 
50 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:45:13.01 ID:m0Lq9/3U0 
  整備士『ヒューッ!ヒューッ!! 隊長、ラブラブぅ~』  
   
  整備士『おー 今日の格納庫は熱いなぁ~! 特にあそこら辺が』  
   
  俺「お、お前たち!とっとと、どっかに消えねぇと、スパナぶん投げるぞ!!」  
   
  整備士『わーっ!逃げろ~ ははははははっ!』  
   
  俺「わ、悪いなバルクホルン…」  
   
  バルクホルン「あ、ああ…じゃぁ気を取り直して…あ~ん…///」  
   
  俺「あ~ん…///」モグモグ  
   
  バルクホルン「…ど、どうだ…?」  
   
  俺「美味しい…さすが…トゥルーデだな…///」  
   
  バルクホルン「…あ、ありがとう…///」  
   
  シャーリー「ヒューッ! お熱いねぇ~ 軍紀に厳しい大尉殿が、愛しの整備士にあんな顔してるよ~」  
   
  エーリカ「ホントだ~ トゥルーデ可愛いっ!」  
   
  バルクホルン「なっ!? お前たち…」  
   
  シャーリー「ちょっとからかってみるか! あたしは、バルクホルン役やるからハルトマンは俺役な!」  
   
  エーリカ「りょーかい!」  
 
51 名前:バルクホルン 短編[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:47:18.92 ID:m0Lq9/3U0 
  シャーリー「あ~ん」  
   
  エーリカ「あ~ん」  
   
  シャーリー「ど、どうだ…?」  
   
  エーリカ「美味しい…さすがトゥルーデだな」キリッ  
   
  『だーっ!はっはっはっはっ!』 『にゃはははははっ!!』  
   
  バルクホルン「く~っ!!/// お前たちと来たら…今日という今日は許さんぞぉぉぉっ!!////」  
   
  シャーリー「おっ!バルクホルンが怒ったぞ? にっげろ~っ!」  
   
  エーリカ「わ~い!にゃははははっ!!」  
   
  バルクホルン「待てぇぇぇぇぇぇっ!!」  
   
  俺「……弁当…持ってくなよ…」  
   
  END  
  少しと言いつつも、長い時間、占領してスマン…  
 
52 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:48:58.90 ID:mzgzjFwn0 
  乙!  
 
53 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:50:14.75 ID:u2rUA0Q50 
  乙乙  
 
54 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:54:26.68 ID:BtlK5PNI0 
  甘いッ! 乙乙  
 
55 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 15:57:53.39 ID:T9EMpgE70 
  乙!  
   
  いいのぅいいのぅ  
 
56 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 16:00:37.48 ID:VzPkImRx0 
  おつおつ  
   
   
 
57 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:04:34.46 ID:BtlK5PNI0 
  では、保守がてらに投下をば  
 
58 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:07:17.41 ID:u2rUA0Q50 
  ステンバーイ…  
 
59 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:07:47.21 ID:T9EMpgE70 
  ごーごー  
 
60 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:09:35.96 ID:q5t0N85h0 
  派手に投下してもいいんだぞ  
 
61 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:10:31.38 ID:BtlK5PNI0 
   
  ――ハンガー  
   
   
   
  俺「かったりー。んでジャガイモ剥かなきゃなんねーんだよぅ」シャリシャリ  
   
  私「無駄口を叩くな。この程度で済んだんだ、御の字だろうよ」シャリシャリ  
   
  バルクホルン「………………」シャリシャリ  
   
   
  俺とバルクホルンは命令違反、私はジェットストライカーの無断改造への罰として、ジャガイモの皮むきをさせられていた。  
   
   
  サーニャ「私達が寝ている間に何が……?」  
   
  俺「バルクホルンの、太いんだよ! 硬いんだよぉ!? 暴れっぱなしなんだよ!! なビッグマグナムこと50mmカノン砲、俺がバルバトスになって敵フルボッコ、以上!」  
   
  エイラ「いや、バルバトスって誰か分からない上に、言い方が気持ち悪イ……」  
   
   
  ペリーヌ「本当に、人騒がせなストライカーでしたわね」  
   
  ミーナ「それに使う人間もね」  
   
  シャーリー「まあ、おかげでネウロイも倒せたんだし、いいじゃないか」  
   
  ミーナ「規則は規則です!」  
 
62 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 16:11:50.19 ID:QR2wFGVX0 
  バッチコーイ  
 
63 名前:俺と私と時々オカン >58‐60 62 ありがとうございます![sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:16:43.43 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺「もうやってらんね、おーわりっとぉ」  
   
  バルクホルン「おい、きっちり自分のノルマを……」  
   
  私「バルクホルン、コイツにその言葉は意味がない。こっちがそういう頃にはもう終わってる」  
   
  俺「ほらよ、俺の分。これで文句はねぇよな?」  
   
  坂本「あー、そういえば、トイレ掃除もあったのではないか……?」  
   
  俺「残念ですが、それも終わってます。ピッカピカ、用を足すのに躊躇するレベルでピッカピカにござる」ドヤッ  
   
  坂本「…………罰則が、まるで意味を成していない」ガックリ  
   
   
  ミーナ「全く、少しは反省しなさい」ハア  
   
  俺「…………反、……省……?」キョトン  
   
  ミーナ「初めて聞いた言葉のようにリアクションするのは止めなさい!」  
   
  私「…………」シャリシャリ ←もう、全てを諦めた表情で一心不乱にジャガイモの皮を剥く。  
   
  バルクホルン「…………」シャリシャリ ←世話を焼くタイプだが、自分の許容範囲を超える相手なのでスルーしつつ。  
   
  俺「悪りぃ、言っている意味が理解できないからブリタニア語かポルトガル語で頼む」  
   
  ミーナ「申し訳ないけど、私は始めからブリタニア語で喋ってるわよ!?」  
 
64 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:22:52.68 ID:BtlK5PNI0 
   
  エーリカ?「皆さん、どうもお騒がせしました」  
   
  坂本「……ん? どうしてお前が謝るんだ?」  
   
  シャーリー「そうだよ、ハルトマンのせいじゃないだろ?」  
   
  エーリカ?「いえ、私は……」  
   
  俺「は? お前ら何言ってんの? どう見たって別人だろ?」キョトン  
   
  私「……よく似てはいるな。姉妹か?」フム  
   
  シャーリー「いやいや、お前等が何を言ってるんだよ。どう見たって……」  
   
  宮藤「皆さーん、食事ですよー」ガラガラ  
   
   
  皆の会話に割り込むように、芳佳とリーネが今日の夕食を運んできた。  
   
   
  俺「またイモか、米が喰いてえ。欧米食なんざ糞喰らえじゃぁぁぁッッ!!」  
   
  私「ただで食べられるんだ、文句を言うな」  
   
  シャーリー「えー、でも上手いだろ? リベリオンの食べ物」  
   
  俺「ふざくんな。どれもこれも大雑把な上にカロリーが無駄に高いんだよ。そんなだからぶくぶくぶくぶく太るんだ。この肥満大国出身者め。テメェの将来はブタ確定~♪」  
   
  シャーリー「太らないし! 絶対に太らないし! これでも色々気を使ってるんだからな!」  
 
65 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:24:14.22 ID:q5t0N85h0 
  出たー!!俺と私と時々オカンー!!支援ー!!  
 
66 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:27:46.53 ID:u2rUA0Q50 
  支援!  
 
67 名前:俺と私と時々オカン >65‐66 支援、ありがとうございます![sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:29:06.06 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺は嘘つけと鼻で笑い、テーブルの上に両脚を乗せてくつろぐ。普段は他人に礼儀がどうのと言う割に、自身の行儀は大変悪い。  
   
   
  宮藤「はいはい、それくらいにしてくださいね。あ、ハルトマンさんもどうぞ。フライドポテトですよ」  
   
  エーリカ?「あ、頂きます」ヒョイ  
   
  宮藤「あれ? ハルトマンさんって、眼鏡かけてましたっけ?」  
   
  エーリカ?「はい、ずっと……」モグモグ  
   
  エーリカ「おー、美味しそー! 私にもちょーだい!」  
   
  宮藤「あ、はい。こっちのハルトマンさんも……って、ええ!?」  
   
   
  宮藤の声に全員の視線が集まり、事情を知らない者は二人のハルトマンを前にして、驚きの声を上げた。  
   
   
  エーリカ?「お久しぶりです、姉さま」  
   
  エーリカ「あれ、ウルスラ?」  
   
   
  ミーナ「こちらは、ウルスラ・ハルトマン中尉よ。エーリカ・ハルトマン中尉の双子の妹よ」  
   
  全員『……妹?!』  
   
  ミーナ「そして、ジェットストライカーの開発スタッフの一人なの」  
 
68 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:35:15.42 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺「ほら見れ、やっぱり俺等の言う通りじゃん。別人だったろ?」フフン  
   
  エーリカ「え? 嘘ぉ!? ミーナもトゥルーデも初めて見た時は分からなかったんだよ?」  
   
  私「そうなのか?」  
   
  バルクホルン「ああ、雰囲気が違うのは分かったんだが、ああも顔の造形が似通っているとなぁ……」  
   
  俺「全く、仲間甲斐のない連中だよ。お前等の眼球はちゃんと健康的に機能してるんですかぁ?」  
   
  シャーリー「こんなに似てると違うところを見つける方が難しいって」  
   
  エーリカ「む、そこまで言うなら、服装とかで見分けてないか確かめてあげるよ。ウルスラ、ちょっと来て!」グイッ  
   
  ウルスラ「ね、姉さま!?」ズルズル  
   
   
  仲間を悪く言われたのが気に入らなかったのか、エーリカはウルスラの腕を引いて、ハンガーを後する。  
  何をするのか、と俺以外の全員が顔を見合わせ、数分後、二人は戻ってきた。全く同じ格好で。  
   
   
  バルクホルン「ハルトマンの制服を着せたのか。これは、流石に……」  
   
  ミーナ「私達でも、話してみないと分からないわね」  
   
  ペリーヌ「一卵性双生児という奴ですわね。ここまで似ていると、鏡合わせのようですわ」  
   
   
  エーリカ&ウルスラ「「さあ、どっちのハルトマンでSHOW!」」  
 
69 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:41:17.24 ID:q5t0N85h0 
  うーん・・・まるで「ひぐらしのなく頃に」の園崎姉妹な感じだなハルトマン姉妹って。  
  おっと、支援。  
 
70 名前:俺と私と時々オカン >69 ですねー、支援、感謝します![sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:41:50.35 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺「右が妹、左が姉」  
   
  私「右に同じく」  
   
  エイラ「どーせテキトウに言ってんだロ? こんなの分かる訳……」  
   
   
  ほぼノータイムで答えを出した二人に、エイラどころか全員が訝しげな視線を向けた。  
   
   
  エーリカ「あ、当たってる……!」  
   
  ウルスラ「凄い。声色も姉さまに合わせてたのに……」  
   
  サーニャ「どうして分かったんですか……?」  
   
  俺「どうしてって、なあ……?」  
   
  私「一卵性双生児と言えど、何から何まで同じとは限らん。趣味嗜好や性格が違うように、見た目にも多少とは言え差異はあるさ」  
   
  リーネ「あの、私達にはその差異が分からないんですけど……」  
   
  俺「具体的には、職業畑の違いか筋肉の付き方が違う。あと、微妙に妹の方が眉が目に近いな」  
   
  坂本「微妙って、全然分からんぞ」マジマジ  
   
  俺「そうかー? ミクロン単位で違うと思うけど?」  
   
  シャーリー「ミクロン!? ミクロンって言った今!? 何でそんなの分かるんだよッ!?」  
 
71 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:48:01.24 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺「あとなんか、姉の方はゴミの臭いがする。ゴミ屋敷で暮らしてんのか?」  
   
  エーリカ「ゴミ……!? ゴミなんて、いくらなんでも酷いだろー!」  
   
  俺「あ、すみません。鼻がひん曲がりそうなほど臭いんで、それ以上近づかないでくれます?」  
   
  エーリカ「ひどいー! トゥルーデ、俺がイジめるー!」  
   
  バルクホルン「自業自得だ、馬鹿者。あんな風に部屋をゴミで溢れさせているお前が悪い」ハア  
   
  ウルスラ「姉さま、まだ掃除が苦手なんですね……」  
   
   
  俺「汚部屋暮らしのエーリカ、か」  
   
  私「某ジブリ映画のように言うのはやめてくれないか」  
   
  俺「うるせー、耳をすませばのカントリーロード歌うぞ。あんな青春送ってねーっつの!!」  
   
  私「ああ、私もだ。主に、お前と母さんが馬鹿ばかりするからだがなぁ!?」  
   
   
  シャーリー「なんで、この二人はこんな無駄にスペックが高いんだよ……」  
   
  坂本「駄目だ、シャーリー。いちいち気にしていたらキリがないぞ」  
   
 
72 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:54:34.08 ID:BtlK5PNI0 
  俺「んでー、わざわざ妹ちゃんはノイエカールスラントだかからジェットストライカーを取りにきたのか、ひっまじーん!」  
   
  私「お前は黙ってろッ!」ボグッ!  
   
  俺「ごふッ!? ……ひでぇ、いきなり裏拳かよ」  
   
   
  ウルスラ「バルクホルン大尉、この度はご迷惑をおかけしました。どうやら、ジェットストライカーに致命的な欠陥があるようです」  
   
  バルクホルン「まあ、試作機にトラブルは付き物だ。それよりも、壊してしまって済まなかったな」  
   
  私「まあ、原因は私なのだがね」  
   
  ウルスラ「いえ、これだけ原型を留めているなら原因の究明はそれほど難しくはないでしょうから、寧ろありがたいくらいです」  
   
  私「そう言って貰えて幸いだ。新入りの我々が試作機を壊したなど、洒落にならないからな」ハァ……  
   
  ウルスラ「お詫びと言ってはなんですが、ジャガイモを持ってきましたので、皆さんで食べてください」  
   
  ペリーヌ「ま、またこんなに……」ウンザリ  
   
  俺「うわぁ……ジャガイモの山とかリアルに見たわ。ここは北海道の農家ですかぁ?」  
   
  私「あって困るわけでもあるまいよ。イモは腹もちもいいしな。伊達にドイ……カールスラントの食糧危機を救った訳ではないさ」  
   
  ウルスラ「それから武装の方は何処に……?」  
   
  俺「あ、それについては貰ってもいい? 俺なら使えそうだからさ」  
   
  ウルスラ「……え?」  
 
73 名前: 忍法帖【Lv=38,xxxPT】 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 16:55:23.29 ID:QIooMPeb0 
  onigiri  
 
74 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:01:16.14 ID:BtlK5PNI0 
  坂本「信じられんかもしれないが、事実だ。コイツは今日の戦闘で30mm機関砲を二つ持って空へ上がった」  
   
  ウルスラ「彼の固有魔法は怪力なのですか? そうでもなければ、説明が……」  
   
  坂本「いや、そうではないらしい。馬鹿げた魔法力で強制的にストライカーの積載量を水増ししたようなんだ」  
   
  ウルスラ「そんな……」アゼン  
   
   
  私「だが、それが良いことばかりとも限らないようだ」  
   
  ミーナ「何か、あったのかしら?」  
   
  私「詳細な資料や点検は整備班が後で報告します。簡単に言ってしまえば、俺のストライカーはエンジンが焼き付いて、使い物にならなくなっていました」  
   
  ミーナ「どういうこと? 問題なく帰還したように見えたけれど」  
   
  私「ええ、エンジンを騙しだまし帰ってきたんですよ、このバカは」  
   
  俺「テヘペロッ☆」  
   
  私「それ以上ふざけたら、本気で潰すぞ?」  
   
  俺「へーい。何を潰す気だろうな。…………BBA、私がいじめる。いいこいいこして?」  
   
  ミーナ「はいはい」ヨシヨシ  
   
  俺「BBAと呼んだのに、ビンタが飛んでこなかった、だと……?」  
   
  ミーナ「もう色々と諦めたわ。でも、お望みとあらばあげるわよッ!」バチコーン☆  
 
75 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:07:32.82 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺「おうふ、油断させておいてからのビンタですか。予想外に効きますなこれは」ヒリヒリ  
   
  宮藤「うわぁ、鼻血も出てるし、頬に見事な紅葉が咲いてますよ……」  
   
  リーネ「だ、大丈夫ですか……?」  
   
  ペリーヌ「放って置きなさいな。どうせ大して効いてもいないでしょうし、反省する気もないのだから」  
   
  俺「うむ、全くもってその通り! 俺のことが分かってきたじゃないか」  
   
  エイラ「いや、反省はしろヨ」  
   
  サーニャ「ミーナ隊長が可哀想です」  
   
  俺「ふーん、そうか。でも俺はそう思わないね!」  
   
  エイラ「ダメダコリャ」  
   
   
  ミーナ「それで原因は何なのかしら」  
   
  私「恐らくは過剰な魔法力の供給かと……」  
   
  ウルスラ「ちょっと待ってください。魔導エンジンを守る為、必要以上の供給があった場合、自動的にリミッターが作動する筈では?」  
   
  私「それは聞いている。だが、そのリミッターすら壊れているようなんだ。どうやら俺の魔法力は、設計段階から想定されていた魔法力を大きく凌駕しているようだな」  
   
  ウルスラ「…………」ポカーン  
 
76 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:13:45.82 ID:BtlK5PNI0 
   
  俺「想定外なんて政治家の建前としてよくある話じゃないですかー、ヤダー!」  
   
   
  坂本「ふむ。何とかならんのか?」  
   
  ミーナ「そうね。俺さんのデタラメな強さは認めざるを得ないけれど、一度の出撃でストライカーを一機使い潰されたら溜まったものではないわ」  
   
  俺「いよいよ俺が相手にされなくなってきた件について、どう思われますか、バルクホルン大尉?」  
   
  バルクホルン「ええい、マイクを差し出すみたいに手を出すな、鬱陶しい! どう考えたところで自業自得だろうが!」バシッ!  
   
  シャーリー「ざまぁ」ケラケラ  
   
  俺「やれやれだ。隊全員に無視される日は近いかねぇ、こりゃ」ヤッテランネ  
   
   
  私「簡単な話です。過剰な熱で焼き付いてしまったのなら、その熱に耐えうる素材、あるいは排熱効率のよい素材を使えばいいだけですよ。そうすれば設計段階まで遡って作り直す必要はない」  
   
  坂本「いや、そんな素材がある――――あ」  
   
  ミーナ「成程。それで貴方の固有魔法の出番、と言う訳ね」  
   
  ウルスラ「貴方も、ウィッチなんですか……?」  
   
  私「ああ、固有魔法は金属操作といった所だ。まあ、調整やら何やらで1月くらいは俺に戦闘を控えさせてほしい」  
   
  ウルスラ「そんな短期間で大丈夫なので……?」  
   
  私「実際、構造や使用されている理論を変える訳じゃない。ただ、素材となる金属を融合させたりして、魔法力や熱に対する耐性を引き上げるだけだ。何とかしてみせよう」  
 
77 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:19:59.10 ID:BtlK5PNI0 
   
  シャーリー「はは。なんか、私が頼りになりすぎて怖いなぁ」  
   
  俺「バカ! そんなでもなきゃ、俺の兄弟なんて勤まるわけないでしょ!」  
   
  ミーナ「納得しちゃいけない筈なのに、凄く納得してしまったわ……!」  
   
   
  ウルスラ「相変わらず、姉さまの周りは凄い人で溢れていますね。…………何と言うか、色々な意味で」  
   
  エーリカ「うん、そうだね。でも、俺は例外だから。あんな変なのそうそういないからね」  
   
  ウルスラ「そうですか? 言動はともかく、突拍子のない行動なら、姉さまも似たり寄ったりだと思いますよ」フフ  
   
  エーリカ「あう、藪蛇! 妹に嫌味言われちゃったよー」  
   
  俺「そうか。まあ、発言はともかく行動は同類さん、仲良くやろーぜ」  
   
  エーリカ「うわー! 俺と一緒なんてヤダー!!」  
   
   
  俺「心ない言葉に心が痛いぜ」  
   
  ペリーヌ「その割には、相変わらずの無表情ですわね」アキレ  
   
  俺「ああ、そうだな。一つ言っておく、悪口言われて本当に痛いか?」  
   
  エイラ「お前のツラの皮でシールドが作れたら、まず間違いなく世界最強のシールドになるヨ、ウン」ハァァァ……  
   
  俺「ありがとう。最低の褒め言葉だ」  
 
78 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:26:41.23 ID:l+o7i3H80 
  支援だ  
   
  しかしこの雰囲気はクセになるな  
 
79 名前:俺と私と時々オカン[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:27:02.92 ID:BtlK5PNI0 
  ウルスラ「では、私はそろそろ帰ります。皆さんもお元気で」  
   
  エーリカ「えー、もうちょっとゆっくりしていけばいいのに」  
   
  ウルスラ「そうも行きません。ジェットストライカーが実戦配備が可能になれば、戦況は一変します。それこそ、ネウロイから祖国を取り戻せるほどに……」  
   
  私「そうだな。まあ、初対面の私が言うのもなんだが、身体には気を付けてくれ」  
   
  俺「いや、お前が言うと鉛のような金言だと思うがな、俺は」  
   
  ウルスラ「では、皆さんもご武運を」クスクス  
   
   
  俺「あ、帰る前に一つだけ」  
   
  ウルスラ「……? はい、何でしょう?」  
   
  俺「どうせ、もう後の話で出てくる予定もないんだし、裸エプロンでも見せてくれ」  
   
   
  全員『』  
   
   
  ウルスラ「いえ、初対面の女性にそんなことを頼むなんて、貴方は正気ですか?」  
   
  俺「思ったよりも冷静な反応と蔑みの視線をありがとう。で、してくれない?」  
   
  ウルスラ「しません!」  
   
  エーリカ「あのウルスラが声を荒げた!? 本気で怒ってる!!」  
 
80 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:29:38.62 ID:q5t0N85h0 
  そろそろ私の鉄拳が飛んできそうだ・・・。支援  
 
81 名前:>俺と私と時々オカン >78 >80 支援、ありがとうございます![sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:33:18.93 ID:BtlK5PNI0 
   
  私「…………ウルスラ中尉。君にも見せておこうか、私の固有魔法」ゴゴゴゴゴゴ  
   
  俺「え? なんで? なんで急にそんな話になってるのん?」  
   
   
  私「お前のバカさ加減を矯正するためだよぉぉぉぉぉぉぉ!!!」シュゴァッ!  
   
   
  リネット「ああ!? ドラム缶が集まって、ハンマーみたいな形に!?」  
   
  シャーリー「おぉい! 大丈夫なのか、そんなに無茶して!!」  
   
  ウルスラ「わぁ、凄いですね。人なんて簡単に潰せそう……」  
   
  エーリカ「怒ってるからって、怖いことさらっと言わないでウルスラ!」  
   
   
  私「勇気で補えばなんとかなるわぁぁぁぁ!! もう心臓なんて知るかぁぁぁぁ!!」  
   
   
  バルクホルン「私まで変なことを言い出したぞ! 誰が収集付けるんだ、これは!?」  
   
   
   
  私「光になれぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇッッッ!!!」  
   
   
   
  俺「ちょ、それゴルディオンハンマー! いや、ゴルディオンクラッシャーの方じゃないか!! でもお前の場合はただの物理こうげ――――」グシャアアアアッ!!!  
 
82 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:39:53.80 ID:q5t0N85h0 
  これが・・・物資世界の掟・・・。支援  
 
83 名前:俺と私と時々オカン >82 支援、ありがとうございます![sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:41:20.30 ID:BtlK5PNI0 
  これにて第三話、終了です。  
   
  と言う訳で、俺は当分戦闘しません。これでボケとツッコミだけ書いてられる!  
  因みに、私がガオガイガーとか知ってるのは、俺に付きあって。本人がオタクと言う訳ではありません。  
  どれくらい付き合いが良いと言うと、これくらい。夏休みの一幕と言う設定。  
   
   
  私「なあ、私は貴重な夏休みを使って、何をやっているんだろうな?」  
   
  俺「あ? 俺の為にポケモンの厳選作業手伝ってくれてるんだろうが、ボケですか?」  
   
  私「アホかぁぁぁぁ! 睡眠時間削ってまでこんな真似させるな!! V6なんて出る訳ないだろぉぉぉ!!」  
   
  俺「天文学的数字になるが、頑張れば出る…………はず!」  
   
  私「寝かせてくれぇぇぇぇ!!!」  
   
   
  で、実際にV6が出るまで付き合ってくれる。まさに聖人。  
   
   
  では、読んでくださった方、支援してくださった方、ありがとうございました!  
 
84 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:43:20.61 ID:l+o7i3H80 
  乙  
 
85 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:43:49.73 ID:q5t0N85h0 
  乙乙!!  
  私、本当に苦労人だな・・・。  
 
86 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:47:27.68 ID:7e6xRSYD0 
  乙乙  
  V3ですら諦めたのに……  
 
87 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:47:48.80 ID:LBnJllQ30 
  おっつんつん!  
 
88 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:51:37.47 ID:EXa9GsKa0 
  乙  
 
89 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:59:27.57 ID:7e6xRSYD0 
  ところで今日鳥取の美保基地の基地解放に行ってきた  
  装甲車に乗せてもらったよ  
  おまえらも近くの基地とか行くと楽しいよきっと  
 
90 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 17:59:50.42 ID:ZCqZ/njm0 
  保守  
 
91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:00:43.35 ID:l+o7i3H80 
  さて近くに基地のある人間がどれだけいるかねぇ  
 
92 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:01:35.12 ID:kzwpauvA0 
  自衛隊関連のイベントに行ったのは夏の木更津が最後ダナ  
 
93 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:02:48.25 ID:BtlK5PNI0 
  航空祭とかなら行ったことあるけど、ブルーインパルスとか未だに飛んでるのかなー?  
 
94 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:05:12.13 ID:T9EMpgE70 
  基地まで地下鉄でちょちょいか……  
  今度帰郷ついでに行ってみようかな  
 
95 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:08:50.61 ID:SumIDr7b0 
  今日岐阜基地の航空祭に行ってきたけど  
  ブルーインパルスも飛んでたよー  
   
  あそこは電車で行くとこじゃないよ、行きはよいよい帰りは怖い  
 
96 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:12:32.52 ID:lUUDNJgL0 
  歩いて3分の所に航空自衛隊があった  
 
97 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:13:23.82 ID:AE6h+tac0 
  やれやれ僕は射精した  
 
98 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:16:57.19 ID:elEmWen40 
  海上自衛隊の基地も解放されてたのか?  
 
99 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:22:19.41 ID:T9EMpgE70 
  ほしゅっと  
 
100 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:24:11.40 ID:zxIdfiy/O 
  基地に行った事は無いが、総武・横須賀線快速の窓から海自の軍艦を見た事ならある。  
 
101 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:24:48.88 ID:T9EMpgE70 
  予約表  
   
  22:00~  
  24:30~  
 
102 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:32:48.19 ID:T9EMpgE70 
  ほしゅ  
 
103 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:37:09.85 ID:EXa9GsKa0 
  保守  
 
104 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 18:37:10.00 ID:nxwq4Js50 
  サーニャん、トイレ  
 
105 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:43:10.42 ID:T9EMpgE70 
  さーにゃんはトイレじゃありません  
 
106 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:45:10.24 ID:elEmWen40 
  Is this a pen?  
 
107 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:45:45.34 ID:T9EMpgE70 
  No! This is Bob!  
 
108 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:48:02.92 ID:1iZUvjKc0 
  Oh! Bob is so thin!  
 
109 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:52:05.67 ID:kzwpauvA0 
  OMG  
 
110 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:56:16.00 ID:q5t0N85h0 
  なんで、英会話になっているんだ?  
 
111 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:57:12.54 ID:HFdq74th0 
  Is this the underwear?  
 
113 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:00:03.05 ID:T9EMpgE70 
  >>111  
  No!! This is trousers!  
 
112 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 18:58:10.14 ID:m0Lq9/3U0 
  I want to go to LOVEhotel with Erica Hartmann!  
 
114 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:02:14.72 ID:SumIDr7b0 
  >>112  
  デュアルコアを潰されるか某医者みたくアナルを弄繰り回されるかは  
  あなた次第  
 
138 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:01:08.22 ID:T9EMpgE70 
  そういえば、>>112がHOTELに行くと言って帰ってこないんだが  
   
 
115 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:02:58.09 ID:T9EMpgE70 
         /ヽ   {\  
        i:::::::,   i:::::ヽ  
  .      !:::::「┬ ̄i:::::::::,  
        i::::::! ─ -!::::::::i  
       /' ,  i i 、  ヾ!     保守目安でありますwwwwwwww  
      / i-+!ゞ、_!>!-! i  !     Pen ist ein Kugelschreiberでありますwwwwwwwピィwwwwwwww  
      /イ! >  < !≠-_ト..、  
      / !⊂つir-ヽ⊂/::/:::::::::>              平日         休日  
       i! > 、 ー ´イヘ-:::::/  19:00~0:00   5分以内      5分以内  
      i ! !i/!></ヽ:::::/!     0:00~2:00  15分以内     10分以内  
       i! /i。-i!-。-:i! ! /!     2:00~4:00  25分以内     20分以内  
       >::::iー:i!::─:::V! /!/     4:00~9:00  45分以内     40分以内  
      /::::::i-。::i!::-。-:::iレ       9:00~17:00 20分以内     15分以内  
     <::::::::/二::i!:::二::::i::ゝ      17:00~19:00  10分以内    10分以内  
      ヽ_\ < \ /ト、_ .....  
        !  i⌒!  i::::::::::::::::: )  
        !  !  !  !  ̄   ̄  
  .      i   !  i   !  
         i  !  i  !  
  .       i__.!   !__!  
         ヒj   ヒソ  
   
 
116 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:03:04.54 ID:kzwpauvA0 
  英語無線ってかっこいいよね  
  Hornet Two-one, this is Jester One-One. Flight of two F-15s, four HARMs for the section, stand by for SEAD, over.  
 
117 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:06:13.45 ID:zxIdfiy/O 
  ハートマン軍曹の英語は日本人でも笑っちゃうくらい汚い英語  
 
118 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:07:56.20 ID:SumIDr7b0 
  スノーボールが字幕で白雪丸だったのは笑った  
 
119 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:10:09.72 ID:kzwpauvA0 
  MW3の字幕版の翻訳ひでぇらしいな。ゲームやらずに翻訳した感まるだし  
 
121 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:16:11.17 ID:SumIDr7b0 
  >>119  
  某ミッションにて  
  プライス「見つからずに殺せる自信があるなら見張りAを撃て」  
  ↓  
  プレイヤー、自身を持って見張りを撃つ  
  ↓  
  見つかってミートパテ化+プライス大尉が死んでしまった!  
   
  アホなことしない限りは許せるレベル  
 
123 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:20:21.64 ID:kzwpauvA0 
  >>121  
  俺としてはユーリの回想でユーリのモノローグに字幕が無いのが許せん  
  あれストーリーわかんなくなるだろ  
 
124 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:25:43.56 ID:SumIDr7b0 
  >>123  
  それもそーか  
  こちらとしては、ユーリがマカロフの元を離れた理由がいまいちわからん  
  空港での虐殺が気に障ったのか?  
 
125 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:28:37.55 ID:kzwpauvA0 
  >>124  
  回想シーン最後のモノローグで、  
  「俺はロシア兵だ。ロシア人(民間人)を殺すことは出来なかった」  
  といってるし、  
  一説じゃシェパードとつながっていて、そのことがバレたって話もあって…云々  
 
127 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:32:16.91 ID:SumIDr7b0 
  >>125  
  なるほど。そんなこと言っていたのか  
   
  字幕版で一部和訳しきれていないところもあるし  
  ルーキーだとF-22パイロットがレギュラー?以上だとF-15になってたりするし  
  もう突っ込まないであげてもいいんじゃね?  
 
128 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:36:40.06 ID:kzwpauvA0 
  >>127  
  そもそもMW3にF-22は出てこないという…わけわかんね  
  ソウダナ、もう突っ込みきれん  
 
122 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:16:49.80 ID:pA0YEszb0 
  >>119  
  そりゃ、スクエニですから  
 
120 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:12:07.33 ID:VxnAQgRi0 
  Fire away, coward!C'moooon!  
 
126 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 19:29:14.36 ID:nxwq4Js50 
  SARにゃ  
 
129 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:42:01.95 ID:nxwq4Js50 
  おふ  
 
130 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:42:07.39 ID:T9EMpgE70 
  ほし  
 
131 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:45:26.77 ID:EXa9GsKa0 
  くん  
 
132 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:46:58.02 ID:q5t0N85h0 
  せいにく  
 
133 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:50:28.82 ID:T9EMpgE70 
  サァミンナアツマレユウメシノジカンナンダナ  
 
134 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:50:45.80 ID:RLAvVJWE0 
  それは誰の肉なんだい?  
 
135 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:52:28.13 ID:SumIDr7b0 
  今日はミーナさんにキュッされた人もいないはず  
  だよね?  
 
136 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 19:55:19.31 ID:AE6h+tac0 
  エーリカがどっかからもいできた肉らしい  
  弾力があって美味いね  
 
137 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:00:03.81 ID:3FLw1qdR0 
  なんの肉だ……  
 
139 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:02:18.88 ID:q5t0N85h0 
  あれだ・・・シカの肉だろ。  
  オラーシャやスオムスでなんか食っていると聞いたことが有る。(ストパンアンソロコミック2巻か3巻で参照)  
 
140 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:03:16.08 ID:VxnAQgRi0 
  豚肉買ってきました、ミーナさん!  
 
141 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:08:40.27 ID:T9EMpgE70 
  豚と罵ってください、ミーナさん!  
 
142 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 20:08:49.24 ID:nxwq4Js50 
  リーネちゃん、仇は討つよ  
 
143 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:09:14.12 ID:eT/o9fdo0 
  以前、鹿のステーキ食った事あるけど、美味かったな  
 
144 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:15:54.34 ID:SumIDr7b0 
  親父殿の親戚から鹿肉もらったけど  
  調理法が分からなくて、冷凍庫で永久保存したままだったはず  
 
145 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:15:57.99 ID:kzwpauvA0 
  鹿肉はうまい。羊は食ったこと無い  
 
146 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:17:41.47 ID:EXa9GsKa0 
  北海道で食ったジンギスカンは美味かったな  
 
147 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:19:17.36 ID:AE6h+tac0 
  トビウオさんが目を輝かせてこっちを見つめています  
 
148 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:19:30.49 ID:elEmWen40 
  あんまり覚えてないけど羊は臭かった気がする  
 
149 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:20:25.08 ID:m0Lq9/3U0 
  イノシシは意外と美味かった  
 
150 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:22:53.72 ID:kzwpauvA0 
  イノシシは食ったこと無いナァ  
  イノシシ料理って何がある?  
 
153 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:24:40.59 ID:m0Lq9/3U0 
  >>150  
  焼いたイノシシ肉をニンニク醤油で食べると、絶品なんダナ  
 
151 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:23:37.46 ID:9OWii5KY0 
  ワニは美味しい  
  鶏と豚を足して2で割った感じ  
 
152 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:24:30.05 ID:lUUDNJgL0 
  馬もうまかったよ  
 
154 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:26:08.56 ID:VxnAQgRi0 
  蛇の肉が美味いってダンボール被った眼帯のおっさんが言ってた  
 
155 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:26:23.39 ID:EXa9GsKa0 
  随分前に湯沢近くで猪豚ラーメンというものを扱う店を見かけたな  
  結局入らなかったが・・・入ってみたかった・・・  
 
156 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:26:38.62 ID:kzwpauvA0 
  腹減ってきた…  
 
157 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:27:55.66 ID:m0Lq9/3U0 
  長崎ちゃんぽん食べたいなぁ…  
 
158 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:29:36.17 ID:EXa9GsKa0 
  チャルメラのちゃんぽんってどうなんだろ  
 
159 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:36:52.04 ID:EXa9GsKa0 
  保守っと  
 
160 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:42:38.82 ID:T9EMpgE70 
  ほすほす  
 
161 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:45:57.57 ID:LBnJllQ30 
  どっかのスキー場で熊肉ラーメンくったことあったなぁ~うまかったな~・・・スープが  
  肉は泥臭いし筋張っててまずかったけど  
   
  で、ちょっと保守投下いいっすか?(迫真)  
 
162 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:46:58.92 ID:7e6xRSYD0 
  カモーン  
  北海道で熊肉の缶詰は食った  
  臭かった  
 
163 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:47:07.35 ID:EXa9GsKa0 
  どうぞどうぞ  
 
164 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:47:14.98 ID:l+o7i3H80 
  b  
   
  ただしそういうネタに走るんなら分かってるね(迫真)  
 
165 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:47:35.55 ID:T9EMpgE70 
  ごーごー  
 
166 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:47:54.12 ID:VxnAQgRi0 
  妖怪SS置いてけを俺が封じているうちに早く投下するンダ!  
 
167 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:49:20.47 ID:kzwpauvA0 
  支援放火なら任せろー  
 
168 名前:パシリな俺「いえぼくホモじゃないんで(恐怖)」[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:50:17.38 ID:LBnJllQ30 
  この前はすんませんでした…この前の続きです  
   
  カシャ http://up3.viploader.net/pic2d/src/viploader2d701545.jpg
 
  サーニャ「わぁ…ハルトマン……さんかっこいい」  
   
  シャーリー「これはこれは…成長したな~」  
   
  エイラ「確かに成長してるな」  
   
  宮藤「いいな~ハルトマンさん成長してて…私も成長してるかなぁ…このままだったらいやだなぁ~」  
   
  リーネ「……ペリーヌさんよりおっきい?」  
   
  ペリーヌ「…リーネさん?」  
   
  ウルスラ「……」ペタペタ  
   
  ウルスラ「……」シュン  
   
  ルッキーニ「うじゅじゅじゅ~…おっきくなってるけどまだ残念賞~」  
   
  エーリカ「ひっどいな~みんな~もっとみるところがあるでしょ~!」  
   
 
169 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:52:29.07 ID:q5t0N85h0 
  パシリさん、オッスオッス。昨日と今日がイイ感じだな。支援  
 
170 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:52:31.09 ID:T9EMpgE70 
  シュンとするウルスラかわいい  
   
  支援  
 
171 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:54:07.89 ID:LBnJllQ30 
  テクテクテク  
   
  ミーナ「……」プクゥ  
   
  エーリカ「あ、おっかえり~二人とも~!」  
   
  バルクホルン「はぁ…やっとミーナが復活した…疲れた……お?なんだこの写真は」  
   
  エーリカ「さっき俺の協力で実験が終了してさ~今未来を見ているとこなんだよ~」  
   
  ミーナ「……はぁ…本当に見れるとはね…俺さんの知り合いだからと納得して……コレが現実…受け入れましょう  
  ……ところでこの写ってるのは……もしかしてフラウなの?」  
   
  エーリカ「うん!そうだよー!」  
   
  バルクホルン「…ほぉ、コレが未来のハルトマンか……ふむ、心なしか凛々しくなったなそう思わないかミーナ」  
   
  ミーナ「そうね…うん。たった二年でこんなに逞しくなって…部隊長とか何か責任を負う職務に付いたのかしら?  
  守るもの…上に立つもの独特の空気も感じられるわね」  
   
  バルクホルン「ああ…頼もしくなったものだ……そうか二年後か……たった二年…されど二年か。体も心も成長したように見える  
           ……これはもうフラウなんていえないかもしれないな」  
   
  シャーリー「へぇ…やっぱ付き合いが長いといろいろ感じるところがあるんだな~…これだけでそこまで見れるとはね~…」  
 
172 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:54:11.41 ID:l+o7i3H80 
  じゃあここにはホモは居ないんですねー、やったー!!  
   
  支援  
 
173 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:55:32.89 ID:kzwpauvA0 
  ↓例のAA  
 
174 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 20:58:30.65 ID:LBnJllQ30 
  ミーナ「ずっと一緒に居るものね。…そっか、二年後にはここの戦線も無事に収束して元の部隊にもどってる……というところかしら」  
   
  バルクホルン「階級章をみれば…大尉か。あのハルトマンが大尉へ昇進……ふふ、上層部にどんな心境の変化があったやら」  
   
  マルセイユ「まぁ、2年後だからな。今現役でやっている隊長クラスのベテランウィッチが抜けていく時期に入っているだろう  
          …ということはハルトマンが隊長をやっていてもおかしくないんじゃ?」  
   
  ウルスラ「……責任重大な役職ですね……でも姉さまそんなことも気にしてないような…今と変わらない笑顔ですね」  
   
  ミーナ「ふふ、そうね。変わったところは多いかも知れないけど2年じゃ根本は変わらないわね…いえこの後何十年とたってもフラウはあの笑顔を浮かべているのでしょうね」  
   
  エーリカ「…う、うう…なんだかむずがゆいな~」  
   
  バルクホルン「どうしたフラウ。照れてるのか?」  
   
  エーリカ「そうだよーだ!………もう!次!次こうよー!HAL」  
   
  HAL「了解でありんすガシャーン☆ガシャーン☆」  
   
  カシャ(http://up3.viploader.net/pic2d/src/viploader2d701803.jpg)  
 
175 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:00:39.48 ID:LBnJllQ30 
  エーリカ「え、あちょっと…うそぉ……」  
   
  ウルスラ「!?」  
   
  バルクホルン「っな!?」  
   
  ミーナ「え、えぇ!?」  
   
  マルセイユ「お、おいちょっとまて!」  
   
  サーニャ「…これはどう見ても」  
   
  エイラ「……どーみてもウェディングドレスダナ」  
   
  坂本「…まったくコレに懲りたらもう少しつつしみをもって行動するんだぞ!わかったな俺!」  
   
  俺「……はぁ…やっと解放されたよ……ん?もう次の写真みてんのか?…だれの…っておいなんで  
    うちのかわいいエーリカちゃんが純白のドレスなんて身に纏ってんの!?」  
   
  宮藤「そ、そうですよ!ハルトマン中尉2年後のこの日に結婚するんですかぁ!?」  
   
  エーリカ「し、しらないよぉ!未来の私が何をしてようと今の私は関知しないよ!」  
   
  俺「お、おいなにこれ未来?ちょ、ちょっとまってよ二年後結婚すんのエーリカちゃん!?エーリカの性格も考慮して…  
    このタイムラインで行くといまからお付き合いしてないと結構きついんですけど!?」  
 
176 名前:パシリな俺「はれてねーしー」[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:03:27.62 ID:LBnJllQ30 
  http://up3.viploader.net/pic2d/src/viploader2d701803.jpg
 
   
  バルクホルン「ま、まさかもうすでにお付き合いしている男がいるのか!? だれだハルトマン!誰なんだその男は!この基地の人間か?それとも遠距離なのか!?お姉ちゃんは許さんぞ!」  
   
  エーリカ「だ、だれとも付き合ってないよ!いっつも一緒にいるトゥルーデならわかるでしょもう!け、けど………ちょ、ちょっと気になる男の人はいるけどさ(ボソ」  
   
  マルセイユ「ふ、ふふふふふ…これはそうだな…知る必要があるな…誰が新郎かをこいつには写ってないが…なぁバルクホルン」  
   
  バルクホルン「奇遇だなマルセイユ大尉私も知りたくなっていたところだ……ふふふフフフ…ダレナンダロウナァ」  
   
  俺「……おいHAL…この時の会話…再生できるか?いや、できるだろ?できなくてもしろ今すぐに。そして相手がわかりしだい…」  
   
  マルセイユ&バルクホルン&俺「「「斬刑に処す」」」」  
   
  HAL「かっげき~☆」  
   
 
177 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:05:15.48 ID:AE6h+tac0 
  ちょっとフミカ姉さんにタメ口で画像使用について聞いてくる  
 
178 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:05:22.40 ID:kzwpauvA0 
  最後の『)』が邪魔だったな 支援支援  
 
179 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:06:43.71 ID:9OWii5KY0 
  ウェディングドレスの下にズボンはいて無いの何でだろな  
   
  あれか、結婚初夜にドレス着たままのアンアンを楽s  
 
180 名前:パシリな俺「え、コレで使うのまずいんかな」[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:07:59.82 ID:LBnJllQ30 
  ~音声再生開始~  
   
  エーリカ『……とうとうこの日がきたね』  
   
  俺『ん?あー……まぁ…な。ははは…うう…』  
   
  エーリカ『あははガッチガチだね~俺』  
   
  俺『……そりゃ緊張するわ…そういうエーリカはぜんぜん緊張してないみたいじゃないか…はぁ、やっぱ前線でどんぱちやってると  
    度胸が付くのかねぇ…その肝っ玉みならいたいよ……なんか情けないなぁ……俺一人だけてんぱってさぁ…』  
   
  エーリカ『……そんなことないよ俺…私だって緊張してるんだよ?……その証拠にほら……ん』  
   
  俺『お、おい』  
   
  エーリカ『ね?心臓が……ドクドク言ってるの…手のひら越しに伝わるでしょ?』  
   
  俺『…あぁ…俺と同じくらい…ドクドク言ってる…今にも音が聞こえてきそうだ…エーリカも同じなんだな』  
   
  エーリカ『うん…これで俺だけが不安になって…緊張してるわけじゃないって……わかったでしょ?……でも、こういうときはだ、旦那様が率先して何か  
       緊張をほぐすことを言わなきゃいけないんじゃない…かな?』  
   
  俺『そ、そうだな……あー…その…え、エーリカ!』  
   
  エーリカ『な、なに…かな』  
   
 
181 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:08:49.58 ID:VxnAQgRi0 
  (あ、これは許されないな)  
 
182 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:10:17.25 ID:9OWii5KY0 
  そうだ壁破壊しよう  
 
183 名前: 忍法帖【Lv=40,xxxPT】 [sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:11:53.58 ID:otsDHqHc0 
  勝手に使うのはあまり良くないな  
 
184 名前:パシリな俺「う~ん…そうだよなぁはるのはやめておこう」[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:13:48.73 ID:LBnJllQ30 
  俺『……その…似合ってるぞ…ウェディングドレス…まるで天使が舞い降りたみたいだ』  
   
  エーリカ『あ、ありがと……』  
   
  俺『お、おう』  
   
  エーリカ『…それだけ?』  
   
  俺『すまん…口下手なうえに緊張して頭がポンコツナ今の俺じゃコレが限界だ』  
   
  エーリカ『う、うぅ……もうちょっと気が利いたこと言ってほしかったなぁ…確かに普通の結婚式じゃないから…余計緊張しちゃうと思う……けど俺らしくていいか…  
       …うぅ~緊張してるのがもっと移って来ちゃったよ……う~ん。やっぱりあれが一番いい…かな?……ねぇ俺』  
   
  俺『ん?どうし』  
   
  エーリカ『ん……ちゅ…』  
   
  俺『!……ん……ん』  
   
  エーリカ『ふぁ…ん…俺…動き硬い…………動か……じゅる…して…』  
   
  俺『ん…ん…ん?』  
   
  エーリカ『ん……そう…上手………ぴちゃ…ふぁ…もっと…もっと…絡ませて……あ………深く………ぺろ……ぷはぁ』  
   
 
185 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:14:55.31 ID:m0Lq9/3U0 
  どなたか壁を殴ってくれる方はいませんかぁ!!?(阿鼻叫喚)  
 
190 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:17:55.95 ID:q5t0N85h0 
  >>185  
  とりあえず、鉄板100枚は用意した。  
 
186 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 21:15:54.23 ID:nxwq4Js50 
  ★壁殴り代行始めました★  
  ムカついたけど壁を殴る筋肉が無い、壁を殴りたいけど殴る壁が無い、そんなときに!  
  壁殴りで鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに壁を殴ってくれます!  
  モチロン壁を用意する必要もありません!スタッフがあなたの家の近くの家の壁を無差別に殴りまくります!  
  1時間\1200~ 24時間営業 年中無休!  
   
                             ∧_∧  
                            (´・ω・`)  
               __,,..=ニ‐-、----‐く`ニニニ´ ┐  
             ,. '´  __  ヽ\、\::::o:/=ニ二L  
            /  / _.. ‐''¨フ! i:::::::i-‐'^\--─┴t'--イ、  
         ,. -イ ./ /   ノ l:::::::::::::!,,,__  丶、::_:::::::::::\イ    壁殴り代行では同時にスタッフも募集しています  
         /,. ,人  /  _... ‐'"  ノ:::::::::/、     、 Y.  ̄\:::::::\  筋肉に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?  
        / ./  ヽ<,,__ 、 ノイ::::::::/  ヽ ...__ _  _,/''´ ー-ヽ::::::iヽ 壁を殴るだけの簡単なお仕事です!  
      // ⌒)-‐'     i:::::::::::::::ハ-‐‐==‐- ..,,_/ ヽ、__ ,,.. l::::/ l、  
     /rレ┴…‐-、    ./::::::::::://:::::::::::::::::::::::::::::`丶、___,,.ノ::/ ノ  
    f  i´      \‐、':::::::::/::::/::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::` ーイ::/ \  
    ', .ノへ   ヽ   ヽミヽ/:::::::::::::::::::::::_;;::ニ-ァ-ニ、:::::::::::::::::!/  /  
    ヽ   `丶、_ `ト、 l | ヽ:::::::::::::,. ''´   /   /ヽ丶、::::/ヽ、 l  
      `丶、     \ / .,'ヽヘ!::::/ \  / ̄`/ヽ、 l 'ソ   ,.>'´  
     .    丶、   ,,..イ、ノ ノ !/   l  `ー- イ__,,.. ノ /   / ヽ _,,.  
           人` _,.イ ,イ ノ∧ ヽl 、  _,,.!  / i,.ィ"´ヽヽ. i´  
             ̄ `丶-''"ノ 人  〉  ̄  l`¨''゙ イ`ヽヽ i_..ノノ-‐  
                { クァ、,.、 l /  - ‐ ''^ー '  l ,.イi¨  
 
187 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:15:55.36 ID:Ojg7kgcm0 
  壁殴りまでにはま~だ時間かかりそうですかね~  
 
188 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:16:05.76 ID:VxnAQgRi0 
  お姉ちゃんが鉄骨で壁殴ってくれるらしいんダナ  
 
189 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:16:59.29 ID:T9EMpgE70 
  ★壁殴り代行クリスマスキャンペーンのお知らせ★  
  ムカついたけど壁を殴る筋肉が無い、壁を殴りたいけど殴る壁が無い、そんなときに!  
  壁殴りで鍛えたスタッフたちが一生懸命あなたの代わりに壁を殴ってくれます!  
  24日~25日はクリスマスキャンペーン!サンタがあなたの家の近くの家の壁を無差別に殴りまくりすます!  
  キャンペーン期間中は通常1時間\1200~のところなんと半額の\600~!  
  O______  
   ゝ  \  
    (ニニニヽ  
    (´・ω・`)   n  
    ⌒`γ´⌒`ヽ( E)   壁殴り代行では同時にスタッフも募集しています  
    ( .人 .人 γ /    筋肉に自身のあるそこのアナタ!一緒にお仕事してみませんか?  
    =(こ/こ/ `^´     壁を殴るだけの簡単なお仕事です!  
    )に/こ(  
   
   
 
191 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:18:55.94 ID:LBnJllQ30 
  俺『……どうした行き成り』  
   
  エーリカ『……この後の誓いのキスした後は…もう恋人ととしてのキスじゃなくなっちゃうから…だから記念になんておもって…さ…それに』  
   
  俺『それに?』  
   
  エーリカ『こ、これが一番落ち着くか……らさ…にゃははは。だからさ、時間になるまでいっぱいしよ?いっぱい、いっぱいして私を落ち着かせて。不安をぬぐって…ね?』  
   
  俺『あぁ、わかった…お前が…エーリカが望むなら…どれだけでもな。…じゃ、行くぞ』  
   
  エーリカ『うん!…今は時間までだけど……恋人として最後のキスだけど…誓いのキスのあともいっぱい…いっぱいキスして…私たちを幸せにしてね…約束だよ?』  
   
   
   
  俺「はいたんま!タクティカルタイムアウト!まったまったHALおいカメラ止め」  
   
  バギャン!(トゥルーデが壁を砕く音)  
  ダン!(ミーナさんの尻が空間を砕く音)  
  バン!(マルセイユが机を叩く音)  
   
  俺「ッヒ!」  
   
  エーリカ「え、え?あえ?にゃ、はははにゃはは………ううう~…~~ううう~~」  
   
  >…エーリカは真っ赤になった頬を押さえながら体をくねられうなっている……  
 
192 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:22:56.90 ID:elEmWen40 
  マルちゃんが一番まともな行動してる…!  
   
  支援  
 
193 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:23:17.77 ID:T9EMpgE70 
  ミーナさん、ネウロイだけじゃなくて空間まで……  
   
  支援  
 
194 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:24:00.00 ID:LBnJllQ30 
  シャーリー「あーこれは…あー…」  
   
  エイラ「こ、コレは…効くナ」  
   
  ペリーヌ「ま、まさかこんなトラップが」  
   
  俺「……( ゚д゚ )…………(゚д゚ )………………( ゚д゚ )?」……………そうだうっかり魔導カートリッジ弾と五次元効果爆弾とトリコバルト弾頭魚雷と窒素爆弾とMN爆弾とBM3号の自爆タイマーが  
    動かしっぱなしだったな止めてこないと!このままじゃ基地が月面に移動しちゃうから急いで止めなきゃ!うんうんじゃそういうことなんで!」ガタ!  
   
  ミーナ「あらあら俺さんどこに行こうというのかしら?」ガシ  
   
  マルセイユ「そうだぞ俺…どこに行こうとしてるんだ?何もそんなおびえることないじゃないかハハハハハハハハ」ガシ  
   
  バルクホルン「お前の席はそこだろう?座ってろ」ダン!  
   
  俺「いや…あのあとSWBMとM.I.D.A.Sが「座ってろ」はい」ストン  
   
  ウルスラ「……そ…っか……姉さまと……なんですね……兄様……姉さまを…幸せに………グズ」  
   
  俺「なんでぇ!?ちょっとまってウーシュ!?ないかないでウーシュ何があったの!?(クイクイ)あーもー今度は何!?」  
   
  >…エーリカが頬を染めつつうつむき加減で俺の服のすそを握っていた。  
   
  エーリカ「ね、ねえ俺…その…えっと………幸せに……してね!……にゃはは~」  
   
  >…そういうとふにゃっと、幸せそうに笑った。  
   
  俺「人類に退路なし!?」  
 
195 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 21:24:42.68 ID:igP4N15w0 
  鳥肌がたった  
 
196 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:26:50.42 ID:IcVA5ZKB0 
  ちょっと引っかかる所もあるがまぁ支援  
   
  たちって何よ「たち」って  
 
197 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:29:05.62 ID:LBnJllQ30 
  <そんなことよりいつかフラウに手を出したんですか俺さん?事としだいによっては………わかるな?  
   
  <っわっかんね~よ!お付き合いなんてしてないよ!つかなんで俺が手を出したことになってんだですかひどいですよミーナさん!  
   
  <言い訳は折檻エリアで聞く…さぁこっちだ  
   
  <俺の…安息の地は…ない  
   
  HAL「向こうは盛り上がってますけどこの続きはどうしますか~シャーリー☆」  
   
  シャーリー「え、それを私に振るのか…いやどうするったって……ん?お前喋り方変じゃないか?」  
   
  HAL「な~ぅ~そんなことないですよ~☆自己診断プログラムは常時走ってるんですからぁ~エラーのまま進行することはありえません♪」  
   
  シャーリー「そ、それならいいんだが……さてどうするか……なぁ…どうするペリーヌ」  
   
  ペリーヌ「えぇ!? キラーパスはやめてくださいまし!えーっと…えーっと…」  
   
  サーニャ「……再生をお願いしますHALさん」  
   
  ペリーヌ「サーニャさん?」  
   
  サーニャ「さっきの音声を聞いていて少し気になったことがあったので……再生をお願いします。そ、それと…後学のためにも…ね、エイラ」  
   
  エイラ「……え?……っへ!?」  
   
  HAL「じゃ、いってみよ~ぅチェケラァ~☆」  
   
 
198 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:32:20.98 ID:7e6xRSYD0 
  支援支援  
   
 
199 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:34:22.49 ID:LBnJllQ30 
  ~再生再開~  
  エーリカ『ん……ん…ふぁ…』  
   
  俺『ん……どうだ…まだ足りないか』  
   
  エーリカ『……じゅる……んふふ~…ぜんぜん足りないよ俺…もっと…もっと…』  
   
  トントン  
   
  俺『~~』  
   
  エーリカ『ふぁ?…じゅる…んん?』  
   
  ……ガチャ  
   
  ウルスラ『……兄様?姉さま?私の着替えも完了しましたそろそろ…式場に……!……姉さま?』  
   
  エーリカ『!?な、なんだウーシュかぁ…びっくりした』  
   
  ウルスラ『…びっくりしたじゃないですよ姉さま。ちゃんとノックしましたからね』  
   
  俺『あ、あははは!す、すまんウーシュぜんぜん気付かなかったよ!…お?ウーシュも着替え終わったんだな?』  
   
  ウルスラ『は、はい…あの…どうですか。私のウェディングドレスはどこか変なところは…ありませんか?』  
   
 
200 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:36:14.64 ID:T9EMpgE70 
  なるほど姉妹丼か  
   
  もげろ支援  
 
201 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:36:34.31 ID:1X9wYbs20 
  重婚・・・だと・・・。  
   
  ジョインジョインカベェ  
 
202 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:37:43.26 ID:IcVA5ZKB0 
  もう一人二人ぐらいは控えてそうだよな  
  支援  
 
203 名前:パシリな俺[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:38:40.75 ID:LBnJllQ30 
  うん計算しっぱしたこれ10時まであとの全部おとしきれないや  
   
  てなわけで予約もあるしここら辺で斬っとく!  
   
  …つーかかなり長く引っ張ったなこのネタ…今書いてある面子だけでおわらそ…本編落とせないし……  
   
  支援ありがとうございました!  
   
   
   
 
204 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:41:16.54 ID:elEmWen40 
  乙乙  
 
205 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:41:17.68 ID:T9EMpgE70 
  乙!  
 
206 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:41:26.11 ID:SumIDr7b0 
  乙ん  
 
207 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 21:43:49.40 ID:nxwq4Js50 
  おつおつ!  
 
208 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:44:46.00 ID:mzgzjFwn0 
  乙!  
 
209 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:49:14.94 ID:pM3ZmkNv0 
  ほ  
 
210 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:51:34.31 ID:IB5S6SUa0 
  保守  
 
211 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:52:26.98 ID:IcVA5ZKB0 
  おっと乙  
 
212 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:56:22.24 ID:T9EMpgE70 
  ほしゅい  
 
213 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:56:27.60 ID:RLAvVJWE0 
  保守  
 
214 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 21:56:30.55 ID:EXa9GsKa0 
  乙  
 
215 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:00:17.44 ID:52r5udjC0 
  そろそろ予約の時間だっけ?  
 
216 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:01:06.47 ID:IcVA5ZKB0 
  ステンバーイ…  
 
217 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:03:09.01 ID:zxIdfiy/O 
  ステンバーイ……ステンバーイ……  
 
218 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:08:13.22 ID:EXa9GsKa0 
  ほ  
 
219 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:09:21.60 ID:3FLw1qdR0 
  いつものあらすじ  
   
  おれ「母さんついに必殺技ができたよ!」  
   
  坂本「そうかそうかそれはよかったな。どんな名前なんだ?」  
   
  おれ「それが決まらないんだ……」  
   
  坂本「一緒に考えてやろう」  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  おれ「……運命両断剣聖滅界斬!母さんやっぱりこれはちょっと恥ずかしいよ」  
   
  坂本「烈風斬に勝るかっこよさだろう?」  
   
  おれ「烈風斬も正直」  
   
  坂本「何か言ったか?」  
   
  おれ「何も言ってないよ。母さんありがとう」  
   
   
   
  ・柱の影  
  俺「倅よ後でとーさんがが真面目に名前をつけてやるからな…・・・」  
 
220 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:11:49.80 ID:IcVA5ZKB0 
  支援  
 
221 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:14:30.90 ID:IB5S6SUa0 
  支援  
 
222 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:14:59.97 ID:3FLw1qdR0 
  おれ「ネウロイが2体も……、でも全部斬る!もれは決めたんだ!」  
   
  バルクホルン「よく言った。上のネウロイからの攻撃は我々で防ぐ、おれは早急に目の前のネウロイを倒せ」  
   
  シャーリー「あたし達に任せておけよ。でも今からは一人であのネウロイを倒すんだよ?やれるかー?」  
   
  おれ「やってみます!」  
   
  バルクホルン「頼んだぞ?」  
   
  シャーリー「いこうバルクホルン。あたし達で上からの攻撃は全部防ぐよ」  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  おれ「でもどうしよう。攻撃を避けても避けきれない……近づけないし足止めされちゃうよ」  
 
223 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:15:32.57 ID:52r5udjC0 
  来たか  
   
  支援  
 
224 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:20:30.15 ID:otsDHqHc0 
  しえーん  
 
225 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:21:04.55 ID:3FLw1qdR0 
  童子切「(あいつみたいに気合でどうにかしろよ)」  
   
  おれ「無理だよ……おれじゃまだあんな芸当なんて無理」  
   
  烈風丸「(私を使ってもいいけが魔法力の消耗が気になるな……)」  
   
  布都御魂「(固有魔法の維持も莫大な魔法力を消耗するから斬る直前しかだめだしなー)」  
   
  おれ「……」  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  バルクホルン「おれの奴はネウロイに近づけなくて苦戦しているようだな…」  
   
  シャーリー「でも今のおれならなんとかするさ。そうだろ?」  
   
  バルクホルン「確かに。おれを信じて我々は防御に専念するか……」  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  おれ「このままじゃシールド張ってるだけで魔法力を持っていかれちゃう……」  
   
  童子切「(しかたねーな……俺に任せとけ)」  
   
  おれ「どうするつもりなの?」  
   
 
226 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:22:46.79 ID:52r5udjC0 
  支援  
 
227 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:27:11.80 ID:3FLw1qdR0 
  童子切「(ま、任せとけよ。ちょっとダチを呼ぶから回避に専念してな)」  
   
  おれ「何をするつもりかわかんないけど、信じていいんだね?」  
   
  童子切「(任せろ任せろ)」  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  ・アフリカ  
   
  友「ああん……俺の三日月宗近たん。この美しい反り……小乱れの紋も見てるだけであきないよお」  
   
  マルセイユ「友、また自分の世界に入り浸ってるのか?」  
   
  友「いいじゃないか。刀の鑑賞が彼女もできず、寂しい毎日を送ってる俺の唯一の楽しみなんだから」  
   
  マルセイユ「寂しい人生だな」  
   
  友「うるせいやい!うふふ……?」  
   
  マルセイユ「どうしたんだ?」  
   
  友「なんか刀が勝手に浮いてる……?」  
   
  マルセイユ「すごいな。天下に轟くっていう名刀は宙にも浮くのか」  
 
228 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:30:20.36 ID:IcVA5ZKB0 
  まさか集結デスカ?  
  支援  
 
229 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:32:11.90 ID:3FLw1qdR0 
  友「そんなわけあるか!なんで勝手に宙に浮いて……」  
   
  キランッ☆  
   
  友「え。勝手に飛んでった!どこに飛んでった!俺の宗近た~~~~~~ん!?」  
   
  マルセイユ「おい友……あー……いっちゃった。今夜はこれは帰ってこないだろうな」  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  扶桑の山中  
   
  修行僧「ずいぶんと久しく下界へ降りてないな……そろそろ降りてみるか。俺や友の奴はまだ生きているのかな?」  
   
  数珠丸「(……!)」  
   
  修行僧「んん?数珠丸が光り輝いている……今お前を必要としている者がいるわけだな?行け、そして己が使命を果たせ」  
   
  キランッ☆  
   
  修行僧「飛んでいってしまったか……数珠丸が戻ってくるまでもう暫く山へ篭るとしよう」  
 
230 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:36:17.23 ID:IB5S6SUa0 
  これは揃うな  
   
  支援  
 
231 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:37:50.41 ID:XqORMmWQ0 
  黄金聖衣が冥界で集結するところを思い出す  
 
232 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:39:24.74 ID:3FLw1qdR0 
  ・扶桑とある道場  
   
  道場主「がははははは。だぁらしがない、だぁらしがないぞぉおまぁえらぁ!」  
   
  門下生達「先生のしごきが無茶すぎるんです!」  
   
  道場主「そぉんなことぉ言ってるとぉよその道場の門下生達にかてねぇぞぉ!」  
   
  門下生達「……先生だって前に負けてたじゃん。しかも2連敗中」  
   
  道場主「うぉぉいぃぃ!傷口をぉ広げるようなことぉいうなぁぁ!俺に友めぇ、次にあったときはぁまけぬぅ」  
   
  門下生達「先生、先生の鬼丸何か光ってませんか?」  
   
  道場主「おおぉ?どうしてしまったというのだぁ鬼丸よぉ!ついにぱぁぅわぁあっぷか?」  
   
  門下生「先生パワーアップするような条件満たしてましたっけ?」  
   
  鬼丸「(……!)」  
   
  キランッ☆  
   
  道場主「鬼丸ぅぅぅぅ!?我輩がぁ嫌になってしまったというのかぁぁ?」  
   
  門下生「刀も先生のとこにいるのがきっと嫌だったんだね……」  
   
  道場主「おぉぉにぃぃまぁぁぁるぅぅぅぅぅぅかぁむばぁぁぁぁっっっくぅぅ!」  
 
233 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:42:17.14 ID:IcVA5ZKB0 
  刀もむさいオッサンより若いコの方がいいんだろうねぇ  
 
234 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:42:49.56 ID:52r5udjC0 
  支援支援  
   
  子って確か見た目が凛々しいもっちゃん似なんだっけ?  
 
235 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:43:53.89 ID:kzwpauvA0 
  そりゃあ、刀も惚れるわ  
 
236 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:44:59.75 ID:IcVA5ZKB0 
  つまり超イケメンか・・・  
 
237 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:45:55.08 ID:3FLw1qdR0 
  ・ロマーニャ  
   
  老人「ほっほっほっ、大典太よどうしたものじゃ?」  
   
  大典太「(私を呼ぶものがおります)」  
   
  老人「ほっほっほっ。お前を呼べるような者は最近では1人しか出会ってないからの。あの小童かの?」  
   
  大典太「(確かに子供のようですが童子切を携えています)」  
   
  老人「ほっほっほっ。俺め息子へ継承したかの?)」  
   
  大典太「(どうしますか?手を貸す義理などはありませんが)」  
   
  老人「行って、お前を呼ぶものを助けてくるがいい。ほっほっほっ、あの小童面白い奴よ」  
   
  大典太「(では行ってまいります)」  
   
  キランッ☆  
   
  ===  
  ==  
  =  
   
  童子切「(来るぜ来るぜ来るぜ来るぜ!奴等が来るぜ!)」  
   
  おれ「奴等?何をしたんだよ」  
   
  童子切「(来たっ!)」  
 
238 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:51:12.47 ID:3FLw1qdR0 
  三日月「(おいすー)」  
   
  童子切「(むねちかたんいんしたお)」  
   
  数珠丸「(久しぶりだな。お前達の持ち主は相変わらずか?)」  
   
  三日月「(相変わらずキモイ。頬ずりなんてして油がつくっての)」  
   
  童子切「(俺は持ち主がかわったぜ?)」  
   
  鬼丸「(なんという美少女……我と代われ童子の!)」  
   
  童子切「(あれ男なんだぜ)」  
   
  鬼丸「(あんなに凛々可愛い娘が女のわけないよな)」  
   
  大典太「(あなた達は相変わらずですね……久しぶりにこうして近くに揃ったというのに……)」  
   
  おれ「……」  
   
  大典太「(童子、我々の声が聞けるらしいあなたの持ち主もあきれていますよ?)」  
   
  童子切「(お前ら紹介するのもめんどくせーな。久しぶりにアレやるか!)」  
   
  鬼丸「(やるしかない!)」  
   
  大典太「(あれをやるのですか……)」  
   
  数珠丸「(手っ取り早いからいいかもしれませんね)」  
 
239 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:54:02.57 ID:l+o7i3H80 
  王道ですな  
   
  支援  
 
240 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:55:59.56 ID:3FLw1qdR0 
  おれ「えっとどうすればいいの……?」  
   
  童子切「(黙って聞いてな……行くぜ!童子切レッド!)」  
   
  三日月「(三日月ブルー!)」  
   
  数珠丸「(数珠丸グリーン!)」  
   
  鬼丸「(鬼丸イエロー!)」  
   
  大典太「(……大…典太……ブラック)」  
   
  「(我ら5本揃って、享保名物、ゴケンジャー!)」  
   
  ドーン(謎爆発)  
   
  おれ「……よし。これを使ってあのネウロイを倒す!」  
   
  烈風丸「(あの5本やるではないか……私はさしずめ烈風シルバーか)」  
   
  布都御魂「(あたしは布都御魂長官かな?)」  
   
  おれ「お前達まで毒されてるの……」  
 
241 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:58:05.57 ID:lUUDNJgL0 
  支援支援  
 
242 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 22:58:20.27 ID:IcVA5ZKB0 
  明らかに尋常じゃない速度で飛んできたのが二振りいるな  
  まぁKKIだ、支援  
 
243 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:01:19.89 ID:RLAvVJWE0 
  きっと速水ボイスで説明しよう~次元の壁を越えてとかが入るはず  
   
  支援  
 
244 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:06:31.27 ID:zxIdfiy/O 
  支援  
 
245 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:07:35.20 ID:IB5S6SUa0 
  どうした?  
  支援  
 
246 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:08:13.46 ID:RLAvVJWE0 
  支援  
 
247 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:09:15.15 ID:otsDHqHc0 
  支援  
 
248 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:09:40.42 ID:3FLw1qdR0 
  ブレーカー飛ぶ→PC起動青窓で超焦った……  
   
   
  童子切「(良く聞け。幸いここに強力な結界持ちが現れた。攻撃は気にせずつっこめ)」  
   
  数珠丸「(全ての厄災は私が防ぐ。少年よ臆せず突っ込め)」  
   
  おれ「はい!」  
   
  鬼丸「(我をつかえい!あの怪異に不幸な出来事にみまわせてやろう)」  
   
  おれ「お願いします!……攻撃が着てるけど信じて突っ込みます!」  
   
  数珠丸「(あの程度の攻撃など本気を出すまでもない)」  
   
  おれ「攻撃が目の前に……シール」  
   
  数珠丸「(シールドは張るな!)」  
   
  おれ「……痛くない?」  
   
  数珠丸「(しっかりと目を開け前へ飛べ。この程度なら押し返される事もない)」  
   
  鬼丸「(さぁ、我を使い怪異へと全力で振るえ!できれば飛び道具があればいいぞ)」  
   
  おれ「それなら、疾れ、飛燕剣!いけぇ!」ブンッ  
   
  バーン。ネウロイは砕け散った  
   
  鬼丸「(あの怪異運が悪かったのぅ。運悪くコアが装甲の弱いところを通りすぎようとしたところに攻撃を食らってしまったようだの。本当に運がないのぅ)」  
 
249 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:10:21.86 ID:LV5Vwb470 
  ノートPCはいいぞ 停電してもなんともない支援  
 
250 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:14:53.99 ID:3FLw1qdR0 
  バルクホルン「ネウロイが倒されたみたいだな」  
   
  シャーリー「あとはあれだけか」  
   
  おれ「シャーリーさん、バルクホルンさん、お待たせしました!」  
   
  シャーリー「遅かったじゃないか」  
   
  バルクホルン「ずいぶん待ったぞ」  
   
  おれ「ごめんなさい……なかなか攻撃するチャンスがなくって時間がかかってしまいました」  
   
  シャーリー「それにしてもー……刀の数増えてないか?」  
   
  バルクホルン「そういえば3本から7本に増えているな……どうしたんだ?」  
   
  おれ「どこからともなくとんできました。だからこうやってありがたく使わせてもらっているわけです」  
   
  バルクホルン「SAMURAIは結構なんでもありだからきっと飛んできたんだなうん」  
   
  おれ「あの……二人とも大丈夫ですか?結構そこらじゅうに傷が」  
   
  シャーリー「この程度なんともないさー」  
   
  大典太「(私を使え。女性が傷だらけでいるのは見ていてしのびない)」  
   
  おれ「こうかな?」  
 
251 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:17:07.49 ID:3FLw1qdR0 
  大典太「(全ての命や病災は私がはらえる)」  
   
  シャーリー「なんだなんだ?怪我が治ってくぜ?」  
   
  バルクホルン「その刀がやっているのか?」  
   
  おれ「そうみたい。女性が怪我をしてるのは見ていてしのびないって言ってる」  
   
  シャーリー「それ便利だなー。一家に1本あると便利そうだ」  
   
 
252 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:18:09.63 ID:IB5S6SUa0 
  ゲントの杖さんですね  
 
253 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:18:59.13 ID:IcVA5ZKB0 
  芳佳ちゃんの存在意義がマッハでやばい支援  
 
254 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:19:58.52 ID:lUUDNJgL0 
  しかし女性限定?  
   
  支援  
 
255 名前:父と子の[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:20:41.49 ID:3FLw1qdR0 
  次回へ続きます  
  支援ありがとうございましたー  
   
  次でイチャイチャパートやってその次で父と子の決着つけさせてネウロイの巣壊して1961年少し書いておしまい。  
   
  12月半ばまでに終われますように  
 
256 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2011/11/27(日) 23:22:00.73 ID:tEaldASq0 
  乙  
 
257 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:22:48.48 ID:otsDHqHc0 
  おつー  
   
  童子切と三日月宗近の特殊な力が気になる所ダナ  
 
258 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:24:04.05 ID:IB5S6SUa0 
  乙乙  
 
259 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:24:05.23 ID:EXa9GsKa0 
  乙  
 
260 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:25:23.96 ID:IcVA5ZKB0 
  乙  
   
  この子刀七振り使ったらどーなるだろうね?  
 
261 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:26:08.37 ID:RLAvVJWE0 
  由来や伝説に近い力っぽいから童子切は楽そうだけど三日月さんはどうなっちゃうんだろうか  
   
  乙!  
 
262 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:27:20.14 ID:/0P/96vR0 
  ナオちゃんといちゃいちゃするSS書こうとしたらすでに書かれたか...  
 
267 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:31:30.23 ID:l+o7i3H80 
  乙!  
   
  >>262  
  全く同じ展開を書こうとしてたなら別だがそうじゃないなら遠慮はいらんぞ  
 
269 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:35:43.41 ID:T9EMpgE70 
  >>262  
  書いてくださいお願いします  
 
263 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:29:20.34 ID:52r5udjC0 
  乙!  
 
264 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:30:12.29 ID:lUUDNJgL0 
  おつおつ  
 
265 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:30:15.65 ID:SumIDr7b0 
  乙ん  
 
266 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:30:16.75 ID:OX1dh08O0 
  おつ。続き待ってる  
 
268 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:34:42.24 ID:otsDHqHc0 
  保守  
 
270 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:39:42.42 ID:T9EMpgE70 
  乙!  
 
271 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:43:04.10 ID:otsDHqHc0 
  保守  
 
272 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:47:46.08 ID:RLAvVJWE0 
  月曜日までもう時間が・・・  
 
273 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:51:16.50 ID:VxnAQgRi0 
  よう、日曜日。まだ生きてるか?  
 
274 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:55:26.27 ID:eFTO7ppy0 
  また月曜かよ  
 
275 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:57:05.99 ID:pA0YEszb0 
  キングクリムゾンしたい  
 
276 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/27(日) 23:59:17.70 ID:kzwpauvA0 
  24時間前に戻りたい…  
 
277 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:00:10.01 ID:AidBwfVE0 
  ほ  
 
278 名前: 忍法帖【Lv=24,xxxPT】 [sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:02:20.53 ID:o4Jtcoa90 
  やぁ、月曜日だよ(裏声)  
 
281 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:03:25.95 ID:+1OP1sy20 
  >>278  
  (列車砲の標準を合わせる音)  
 
279 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:02:46.18 ID:502M6dQcO 
  誰が月曜日なんざ!!  
  月曜日なんざ怖かねぇ!!  
  野郎ぶっ過ごしてやらぁ!!  
 
280 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:03:17.06 ID:EG12ItEw0 
  何が始まるんです!?  
 
282 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:04:56.73 ID:bR1LJw0g0 
  ジャンプ買いにいくか  
 
283 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:07:54.61 ID:z1qS8CwR0 
  月曜日が来ないと言ったな、あれは嘘だ  
 
284 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:09:46.61 ID:SoFCYPbi0 
  俺たちは、示さなくてはならない。  
  月曜日は、こんなにも簡単だということを……!(そのまま電車に乗って通勤)  
 
285 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:12:53.15 ID:2nX8w9dj0 
  ほ  
 
286 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:17:14.54 ID:502M6dQcO 
  本当に眠い時は朝の電車で立って寝ちまうからな……  
 
287 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:21:07.43 ID:L7+7Ix730 
  赤い電車だから立って寝るなんてできねえや保守  
 
288 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:24:16.30 ID:EG12ItEw0 
  街中を暴走するあいつか…俺は八分間しか電車に乗らんから、寝ようにも寝れん  
 
289 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:25:32.12 ID:Osyepq6I0 
  徒歩3分、走って1分楽過ぎ  
 
290 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:26:54.02 ID:pYUdWPXC0 
  自転車で5分も楽だぜ  
 
291 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:28:01.49 ID:lfmZhTtx0 
  そろそろか?  
 
292 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:28:51.17 ID:bR1LJw0g0 
  うむ  
 
293 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:29:10.62 ID:pYUdWPXC0 
  ステンバーイ  
 
294 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:29:45.49 ID:bzfupBV90 
  朝っぱらからバイクで20分  
  寒さが身にしみるぜ…  
   
   
   
  ステンバーイ  
 
295 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:34:17.72 ID:4YkiED1L0 
  チャリで30分。運動して温まるし案外暖かい。  
   
  ステンバーイ……ステンバーイ…………  
 
296 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:34:18.73 ID:Ez6bgSKA0 
  カモン  
 
297 名前:隠し子[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:36:33.52 ID:mPC0vER10 
  時間だしはじめよっか  
   
   
  3行では説明がつかないので今回も色々説明を諦めた隠し子さん  
   
  ニイト「あいつがついにくたばったので…。今週からは新作。がんばれニイト君が始まります!俺とリネット曹長の甘い甘ーいラヴストーリーっすよ」  
   
  ニイト「最近はニイト君>>>>>>カス男。俺の時代がきたっす!」  
   
  ニイト「本当あのカスはダメっすね!」  
 
298 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:39:55.50 ID:2nX8w9dj0 
  ニイト君に乗っ取られちゃったね支援  
 
299 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:42:06.50 ID:CqsqmQoy0 
  弐伊徒くん!  
 
300 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[sage] 投稿日:2011/11/28(月) 00:44:23.82 ID:bzfupBV90 
  朝までスレが残ってることを願って寝る前支援  
   
  おやすみ皆の衆